プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-164 受け継がれしサイバー・ダーク・ドラゴン

勝手に友人にリンク貼られたので貼り返した。
絵のうまい友人です。遊戯王とは何の関係もありません。
さて遊戯王GX感想。

カイザー手術中。という事で始まったGX。朝にはいちよう安静になったようです。どんな決闘を追い求めようが異世界で一度死んでいる(?)分もう二度と無茶な決闘はさせないという翔。それに対してカイザーは追い求める決闘は無いという。

異世界でこの瞬間輝かせたいという境地に辿り着き最高の決闘をしたカイザーにとってあれ以上の決闘は無理だと感じる。そもそもアカデミアの時代にパーフェクトという限界に辿り着きそれを越えてあの境地に辿り着いてしまったからカイザーは燃え尽きてしまった感がありますね。

あの高みまで引き上げてくれたのはこのサイバー流のデッキ。オレはあれ以上の決闘は無理だがこのデッキが決闘を欲している。かつてのオレのように限界などお構いなく。

それは馬鹿げている。勝手な思い込みと翔は言う。だからカイザーをデッキから解放するためにデッキを取り上げ使いこなそうと決意する。そしてデッキを試しに使った感想。デッキが回らない。

ですよねー

言いたいことは山ほどあるが、そもそもそのデッキ構成で回そうとすること自体無謀。もう一つ言いたいことがあるけどそれは後で十代が語ってくれるので譲ります。ここで翔が胸を押さえて倒れる。

ドローする度、カードをめくるたびに衝撃が走る模様。そしてデッキをディスクから外すと痛みが消えうせる。むっちゃ呪われてますがな。どうやら地下電流決闘よりもこのデッキが心臓病の根本的な根源みたいで。精霊の類なのかなやっぱり。封印されていたのは流派に反する外道よりもこっちの方がでかい気がする。

このデッキを使いこなすには自分の身を削るほどの尋常じゃない精神力が必要だと悟る。一方サイコ流の猪爪誠も同じく修行中。サイコ・リターナー、サイコ・ショッカー、そしてもう一つ怪しい影が・・・

まったくデッキを使いこなせてない翔の前に十代がドローパンを持ってやってくる。ドローパンとかまた懐かしいものを。それどころじゃないとは言いつつも腹が減ってしまってるので食事に。

カイザーのデッキが使いこなせれない。そんな言葉に十代は当たり前だと答える。お前はお前だと。いつ聞いても重い言葉だよな。自分と他人は違う。そうはっきり言われ返答に困る翔。

一生懸命練習してカイザーの物まねができた所でデッキは答えてくれるのか。そのデッキはずっとカイザーといっしょにやってきた。偽物はすぐに見破られる。そう言われどうすればいいか戸惑う翔。オレに聞くなよ、デッキに聞けよ。冷たいような、けれどそれが言える全て。

デッキが何を望んでいるかよく聞いてさ、お前とデッキとで作り上げていくしかないんじゃないか。お前のデッキにしなくちゃな。付け加えるように言う十代。それにしても十代はいいこと言うよな。初めは自分の作り上げたいデッキを作る。けれどそれじゃ回らない。やっているうちにデッキに何が足りないかそういうのをデッキから感じ取るようになる。そして自分が何がしたいかそういう事に気付いていく。卵が先か鶏が先か。デッキと対等な立場。それが決闘者としてのあるべき姿だと思う。

しかし十代は主人公のくせ主人公やってね。悪役とか助言役とか。精神的に言えば主人公としてある意味出来過ぎていたところがあったからな。何か超展開でもしなくちゃ話がもたないのはこういう理由も噛んでいる気がする。ちなみに黄金の卵パンは翔が当てました。

さて三日後。少しは価値もあるだろうと余裕な誠。対して引き継いだ以上負けられないと気合を入れる翔。二人の決闘が始まる。翔のターン。サイバー・フェニックスを攻撃表示。三枚伏せターンエンド。

誠のターン。人造人間-サイコ・リターナー召喚。その効果により直接攻撃。サイバー・エナジーショット。つーかショットだったんだ。前ショックに聞こえたからどうしようかと思った。だが前の決闘を復唱するかのようなパワー・ウォール。サイバー・ダーク・ホーン、エッジ、キール、スチームロイド、ドリルロイド、カイトロイドの六枚を墓地へ。全部モンスターかよ。さすがにカイザーみたいに投げないか。

だが誠はさらにサイキック・ウェーブを発動。サイコ・ショッカーをコストに。だがそれもフュージョン・ガード伏せがれる。サイバー・エンドをランダムに墓地へ。そして誠はDNA抹殺呪術を発動。一枚伏せターンエンド。

ここまでは前のカイザーの戦いと同じ。それは翔も感じていること。だがこれからは違う。輪廻独断。前のカイザーが最後まで発動できなかったカード。この効果により墓地のカードは全てドラゴン族に。そしてサイバーダーク・インパクト!発動。墓地のサイバー・ダーク三体をデッキに戻し融合。裏サイバー流の切り札サイバー・ダーク・ドラゴンを召喚。さらにその効果により表サイバー流の切り札サイバー・エンド・ドラゴンを装備。攻撃力5000に。

だが誠は無情にも死のデッキウィルスをサイコ・リターナーをコストに発動。サイバー・ダーク・ドラゴンを破壊する。手札に攻撃力1500以上のモンスターがいないとはいえこれはきつすぎる。だが追い打ちをかけるようにサイコ・リターナーの効果。墓地からサイコ・ショッカーを特殊召喚。

人造人間-サイコ・リターナー
闇・星3・機械・ATK600
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃ができる。このカードが墓地に送られた時、自分の墓地から「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を特殊召喚する事ができる。

・・・できる?任意効果に見えるんですけど。テキスト。説明ではするとか言ってるけど・・・見なかった事にしよう。強制効果なんだきっと。うん。これにより圧倒的に不利なる。サイバー・フェニックスを守備にしてターンエンド。

劣性とはいえ俺のデッキをあそこまで使いこなすとは。観戦するカイザー。なぜヘルコートに着替えてる車いすにいるかのつっこみはやめておきましょう。だがその言葉を十代は否定する。

誠のターン。ドリラゴを召喚。そして人造人間-サイコ・ショッカーを生け贄にその進化系サイコ流最強カード人造人間-サイコ・ロードを特殊召喚する。その効果は凶悪。罠無効に加え、毎ターン手札か場のカードどちらか全てを確認し罠カードがあった場合破壊。1枚につき300のダメージを与える。つ・・・つよすぎる。手札確認とか。専用デッキを組みたいな。

バトルフェイズ。サイコ・ロードでサイバー・フェニックスを破壊。その効果により翔は一枚ドロー。そしてドリラゴで直接攻撃。ドリリングドリル。いいづらそ。そしてサイコ・ロードの効果ハイパートラップディストラクション。原作を意識した技名だな。輪廻独断を破壊し300のダメージ。ターンエンド。

翔のターン。ドローしたカードは魔法カード。ターンエンド。それを見た誠は勝利を確信しサイコ・ロードで攻撃を仕掛ける。サイバーエナジーインパクト。しかしそれは翔の元々のカードカイトロイドによって防がれてしまう。

カイトロイド
風・星1・機械・ATK300(?)・DEF300(?)
このカードが墓地に存在している限り、直接攻撃による戦闘ダメージを1度だけ0にする。この効果はデュエル中1度しか使えない。

三期に顔見せ程度に出てきたカードにそんな効果が。だが言わせてもらおう。ネクロ・ガードナー。まあカイト・ロイドは機会だから未来融合の時墓地に送って時間稼ぎができる利点があるけど。しかし翔の説明だと制限フラグだな。ルール的な意味で。

カイザーは自分のデッキに翔のカードが入っていることに驚く。しかし誠のドリラゴの直接攻撃。さすがに翔に防ぐ手は無くダメージを受ける。そしてとどめを刺すため誠は永続魔法とラップ・リクエストを発動する。

トラップ・リクエスト
永続魔法
自分のターンのスタンバイフェイズ時に相手プレイヤーのデッキを確認し、罠カード1枚を選択し相手の魔法・罠ゾーンにセットする。この効果でセットされたカードはセットターン発動する事はできない。この効果でセットされたカードがフィールドを離れた時、相手プレイヤーは1000ポイントダメージを受ける。

両刃のカードだな。相手のデッキ構成を確認したうえで1000ダメージだが毎ターン罠地獄。セットターンに発動できないけど。でもすぎる強いだろこれイラストは万丈目がいままで使ったことのあるカード。なかなか興味深い。サイコ・ロードが場から消えても撲滅の使徒でトラップ・リクエストの効果を発動させれば誠の勝ち。これで誠のターンは終了。

貴様の負けなど最初からわかっていたこと。兄貴の恥の上塗りだな。しかし翔はカイザーのためだけでない。その思いを乗せてドローする。ドローカードはドラゴンロイド。攻撃力2900。

その瞬間気づく。この戦いはカイザーのための戦いではなくむしろカイザーを超えるための自分のための戦いだと。ドラゴンロイドはウィルスの効果により墓地へ。リムーブ・ボムを発動。

リムーブ・ボム
通常魔法
デッキの上からカードを5枚除外する。除外したカードの中にモンスターカードが存在する場合、1枚につき300ポイントのダメージを与える。

除外肥やしが弱いわけ無いでしょうが。かなり強カード。ただし専用デッキだけだけど。サイバー・ダーク三種に融合、サイクロン。よって900のダメージ。魔力倹約術発動。これにより魔法カードはライフコストなしに発動可能。そして次元融合。2000のライフコストを無効にし除外したサイバー・ダーク三体を召喚。そしてパワー・ボンド発動。

この光景に限界を感じていたカイザーは可能性を感じ驚く。翔は言う。十代の兄貴が教えてくれた。デッキが何を望んでいるか聞けと。カイザーはあきらめてたけどそんな事は無い。自分もカイザーも十代もこれから変化し続ける。そしてこのデッキも変化を望んでいる。

そう人間は生きている限り変化し続けるもの。それがいい方でも悪い方でも。だからこそ今までの経験、未来へのまなざしが必要だと思う。やっぱりこれだからGXは好きなんだよな。ちなみに映っていたカードは以下の通り。

サイバー・ドラゴン
サイバー・ヴァリー
ヘル・ドラゴン
サイバー・ツイン・ドラゴン
鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン
オーバーロード・フュージョン
ロスト・プライド

いつの間に追い越して行った。翔の成長に驚くカイザー。そしてBGMは十代のテーマキター!!!本編使われるの久々。やっぱこの曲が一番GXで好きだわ。曲自体でいえばもっと好きなのはあるけど、実際アニメで使用されて心が一番高ぶるのは十代のテーマだ。サイバー・ダーク・ドラゴンをパワー・ボンドの効果で召喚。何気にパワー・ボンドサイバー・ダーク・ドラゴンは初めてだな。それにより攻撃力2000。

翔のコンボは続く。ドラゴンロイドは墓地でドラゴン族になるこれによりサイバー・ダーク・ドラゴンに装備攻撃力4900。そしてサイバー・ダーク・ドラゴン自身の効果。墓地のモンスター1体につき攻撃力100ポイントアップ。墓地には9体。よって攻撃力5800になる。サイコ・ロードに攻撃。フルダークネスバースト!3200の超過ダメージにより翔の勝利。

カイザーは翔の決闘に拍手を送る。そしてサイバー流のデッキを翔に託す。自分は新たな可能性を一から模索するために。そしてカイザーはある決意を翔に話す。新たなプロリーグを作る。一緒に作り上げようと。決闘も自分たちも変化し続けるならそのシステムにも変化を与えようとするとはさすがカイザーだ。

お前に追いつくためにもな。その言葉に涙を流す翔。それはずっと追いつけなかった兄を追い越したものかそれとも・・・。何はともあれその意向に賛同し協力する事を翔は選ぶ。その姿を空気を呼んだ十代が見守る。十代の進む道ってどうなるんだろうな。

次回も楽しみだな。万丈目でるしエドも出てくるし、何より二期以来のあいつも出てくるし。

スポンサーサイト

<< TURN-164 デュエルまとめ | ホーム | 小説まとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。