プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキを語ってみる

話をしよう。
私にとってはつい先日の事だが(ry

というわけで公認大会で使ったデッキについて詳しく語ってみる。
誰かの参考になればいいなー無理か。
デッキは前回の記事参照。

玉兎、サニー、マナ生
後半の無駄ドローと前半の加速。
その境界線を探った結果がこの枚数。
無駄ドローも紅葉狩りとかあると話が変わるんだけどね、しかし序盤の紅葉狩りは完全に無駄ドロー。
交換用にカード入るわ、1コストいるわ、で手札に残しても足を引っ張る。
最近の初速重要な環境では気難しいよね、紅葉狩り。

紅葉狩り
今回は初速のバランスをいかにとるかが重要だった。
で、これはまあ主に1ターン目に伏せがちな賢者の封書やテリブルを回収用。
本当に1ノード1コストで使える利点を最大限に生かす。
まあノードロック対策にもなりうるが、今回は加速を重視したのでどこかを切らなきゃ話にならない。
そんな感じ。


豊姫で何を防ぐ?って話で何もなかったのでこのカードに。
たしかに制圧力は高いがノードが何より足りないし。
鰐はいなさそうな気がした、松山だし。
シュートはそもそもこちらが気をつければそんなに被害をこうむらないし、枚数的には1対1でしか交換されないので怖くない。
ぬえキメラを主軸においてるので速攻先制の数が多いと殴る回数で優位に立てる。
あとは香霖堂とかぶっぱしたりする人にはぶっぱで返す。
運ゲーと言われればそこまでですが、やはり手札に加えたカードを落とせたときのアドバンテージはでかいです。
あとぶっぱしてくれる人に対してはデッキの性質もわかるので殴るべきかも把握しやすいのもポイント。


実は速攻系統の対策で入れてました。
文→封書が2ターン目にできれば相手はほぼ機能不全に陥るよね!
あとはいかに威令やブロッケンや阻止といえどもこのカードはとめれないので。
キャラ阻止は断罪がない今、瞋怒しかない、つまりあっても3回まで。
それで法界とかのキーカード落とせるならうまいよね。
流れを変えたいときには本当においしい、今回は全く活躍しなかったけど。

魅魔
ぬえキメラなら相手のライフをたやすく削ることができるので。
そしてぬえキメラをしのぐのに疲弊した相手に対してこれが出ればほぼ勝ち確ー
地味にネクヒスは9点、ぬえキメラも9点。
9点という数字はいろんな所潜んでるのもポイント。
9×2は18、のこりはライフは7だよねー
ぬえキメラに対してカウンターを決められるのも大きい。

神奈子
呪符が少なくなってるので1枚。
つまりは気休め。
まあ手札の肥やしになってくれます。
シュートの盾になってくれるのが大きかった、魅魔も大概同じ役目をおってたりする。
手札をいかに見られた時にふんばれるかは案外ポイント。


まあデッキの方向性は基本ビートするのがお仕事ですがやはり除去がないとしのげない事は多い。
なにより封書と相性は良すぎる。
パワーカードの代表格だよね。
はたてがあまりにも使いこなせなかったので。

フォビ
香霖堂やら黄泉船とかブッパする相手に有効。
松山環境ではしたいことをする人が多いので。
一度暴れられると手に負えないことも多いですし。
未然に対策を打っておかないとね。
慎重な人にはオレのぬえーな戦術で頑張ります。
プレイヤースキルによって戦術を変える、相手によって戦い方を変える、オレの一番やってみたい戦術を今回はしてみたって感じですね。

テリブル
フォビは無くしたんで2枚しかないんですよね。
それの枠に入れて見ました。
まあ結局3枚あっても2枚しか入れないと思いますが。
これでキメラを再利用したり、相手の除去をぱくったり、無理やりシュートを2回入れてみたり。
用途は色々ありますが、結局一度も使わなかったなー
1枚しかないですしね。

悲しき人形、瞋怒
相手ターンの除去を考えた結果、あの枚数。
やはりスリープインする相手に対して瞋怒を残すよりは悲しき人形ですね。
ぬえを強化してこいしと相撃ち。
魅魔を強化して10点耐久1。
攻撃が通った時の不意の一撃。
先制強化。
用途はいっぱいありますね。
速攻系とやはり相性がいいのが悲しき人形。
でも瞋怒はみせることができれば相手によっては心配してくれるので。
ここら辺は相手に左右されるのを嫌う人はわからないかなー?
でも相手がいるからこそカードゲーム。
相手に左右されまくってこそのオレですよw

法界の火、ダークサイド、波動
メイン1ずつ、サイド1ずつ。
ここら辺は入れ替えると結構相性補完してくれるんですよね。
大嘘です、フォビテリブル抜いてこの3枚全部入れてましたw
メインフォビで枚数を見せてからサイド枚数変更が主に役目、のはずでしたんですけどね。
まあ相手の警戒心の穴をいかにつけるかが役目。

封書
単体じゃ役に立たないが、カードによって効果がガラッと変わる。
今回は最終戦以外は全く役に立ちませんでしたが、それでも最終戦は見せる、使う、警戒させると無双してくれました。
ぬえ、文、紫、神奈子が対象。
あとは相手のウェルディが狙いでした。
やはり戦術がガラッと変えれるこのカードはいいカードですね。

森羅結界
相手に見せる事が出来れば強力なカードですね。
松山環境ではシュートは人気なんで。
大将棋ならガンガン殴って発動させてしまえ、って感じですが、森羅結界は殴る順番を考えだすので。
まあ一度も使わなかったんですけどね。

秘密結社
まあ正直に話すと紅葉狩りとか1枚刺さってるのはサイドに看破が入る予定でしたとさ。
そんなものはなかった。
魅魔と椛が主な回収対象。
3ノード0コストで使える利点が久々に出たと思う。

風祝の奇跡。
これこそ正直に話すと考えなしで入れました。
まあ一種のお守りみたいなもの?
紅葉狩りと違って他に手札がいらないのもポイント。
今回は魅魔を回収しただけな気がする、それが重要なんだけど。

威令、阻止
2枚積みは1度使えればそれで十分っていう考えのもとです。
何よりも早さが重要ですからね、ぬえキメラ。
阻止合戦はもうちょっと低速になってからですね。
阻止はやはり法界が一番怖いので。


メインはこんなもんかなー?
サイドは魔力掌握は全然使いませんでした。
前回は活躍しまくったのにねー
ブロッケンはデッキに入れても1度も使わなかったなー引かなかっただけだけど。
豊姫の件でもそうですけど今回の☆に警戒するべきカードがなかったのも大きいです。
環境の違いですねー
マナシールドは相変わらず強かったです。
前半は活躍しまくりでした。

松山は両極端に人がいるのでそれに合わせて戦えるかが重要ですね。
カードも主流な対策をしてると刺さらなくて1戦目に勝てないことも多いですし。
だからこそ楽しいんですけどね。


スポンサーサイト

<< 霜月 | ホーム | 魔法のことば。公認大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。