プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオスペーシアン

小説の更新。
素直にネオスペーシアンすげーって思った。
文章量がやけに多いのは仕様。

TURN-8 ネオスペーシアンVS門番エレナ


先攻 エレナ LP1100
手札 4枚
場 プロミネンス・ドラゴン(ATK1500)、プロミネンス・ドラゴン(ATK1500)、リビングデッドの呼び声(プロミネンス・ドラゴン対象)

後攻 十代 LP2500
手札 0枚
場 E・HERO フェザーマン(ATK1000)、E・HERO スパークマン(ATK1600)、E・HERO バブルマン(ATK800)、攻撃の無力化(セット)


「いくぜ!俺のターン、ドロー!」
「この窮地に手札一枚。いったいどうするつもりなのかしら。」
「オレのカードはE・HEROだけじゃない。見せてやるせ。オレの仲間達を!オレは手札から魔法カード『ネオスペーシア・ウェーブ』発動!こいつはE・HEROとネオスペーシアンを入れ替えるカード!オレは『フェザーマン』『スパークマン』『バブルマン』を墓地に送り、『N・アクア・ドルフィン』『フレア・スカラベ』『エア・ハミングバード』をデッキから特殊召喚!」

N・アクア・ドルフィン DEF800
N・フレア・スカラベ ATK500
N・エア・ハミングバード DEF600

(『アクア・ドルフィン』『フレア・スカラベ』はあいつが前に使った事があるから効果は把握している。もっとも『フレア・スカラベ』はすぐに融合してしまったけれど。けど『エア・ハミングバード』の効果はいったい・・・)
『いくぞ十代!』
(今の反応!!・・・これが精霊ってわけね。)
「ああ。『フレア・スカラベ』の効果発動!フレイミングイリュージョン!相手の場の魔法・罠一枚につき400ポイントアップする!お前の場には『リビングデッドの呼び声』の一枚!」

N・フレア・スカラベ
炎・星3・昆虫・ATK500・DEF500
このカードの攻撃力は、相手フィールド上の魔法・罠カードの枚数×400ポイントアップする。

N・フレア・スカラベ ATK900

「その程度で『プロミネンス・ドラゴン』が攻略できると思っているの。」
「あわてるなよ。『エア・ハミングバード』の効果発動!ハニーサック!相手の手札一枚につき500ポイント回復する!」
『ああ!おれからの力を受け取ってくれ、十代!』
「何ですって!私の手札は四枚!!」

N・エア・ハミングバード
風・星3・鳥獣・ATK800・DEF600
相手の手札1枚につき、自分は500ライフを回復する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

十代 LP4500

「これでターンエンドだ!」
「私のターン、ドロー・・・」
(やっかいな組み合わせね。『エア・ハミングバード』と私のバーンデッキの相性は最悪。かといって回復量を下げるためカードを伏せればそれだけ『フレア・スカラベ』の攻撃力が上がってしまう。そして『アクア・ドルフィン』の効果によりあいつの場のモンスターの攻撃力以下のモンスターが手札にいれば破壊され500のダメージを受ける。だけどうかつな攻撃は『プロミネンス・ドラゴン』のコンボが崩される・・・!)

「く・・・!私は・・・!ちっ!バトルフェイズ!『プロミネンス・ドラゴン』で『エア・ハミングバード』を攻撃!」
「そうはいくか!」
(・・・まさか破壊系罠!?)
「カウンター罠『攻撃の無力化』!攻撃を無効にしバトルフェイズを終了させる!」
(これで1ターンは保たれてしまう・・・)

攻撃の無力化
カウンター罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。相手モンスター1体の攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了する。

「私は3枚カードを伏せ、『逆巻く炎の精霊』を守備表示で召喚。」

逆巻く炎の精霊 DEF200

「だがこの瞬間『フレア・スカラベ』の攻撃力が上がるぜ!」

N・フレア・スカラベ ATK2100

「そしてエンドフェイズ!二体の『プロミネンス・ドラゴン』の効果による攻撃!」

十代 LP3500

「これでターンエンド。」
(これなら奴の回復を最小限に抑えられるうえ私へのダメージはない・・・)
「いくぜオレのターン、ドロー!魔法カード『ネオスペーシア・ギフト』発動!場のN一種類につき一枚ドローする!オレは三枚ドロー!」

ネオスペーシア・ギフト
通常魔法
自分フィールド上の「N」と名のついたモンスター一種につきデッキからカードを一枚ドローする。

「手札増強!?しかも三枚!?」
「よし!オレは『N・グラン・モール』を召喚!」

N・グラン・モール
地・星3・岩石・ATK900・DEF300
このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わず相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻すことができる。

「戦闘を行う時互いのモンスターを手札に戻すモンスター!」
『十代、いつでもいいぜ!』
「ああ、バトル!『グラン・モール』で『逆巻く炎の精霊』を攻撃!その効果により互いのモンスターを手札へ!」
「これは・・・!」
(私の手札を増強させつつ、『アクア・ドルフィン』の破壊対象を手札に!そしていざとなれば『グラン・モール』を手札コストに効果を発動できる!)
「『エア・ハミングバード』の効果発動!ライフを回復する!頼むぜ」
『ああ十代!』

十代 LP4500

「さらに『アクア・ドルフィン』の効果発動!手札を一枚捨て相手の手札を確認する!エコーロケーション!」
『まかせてくれ、十代!くけけけけ!』

墓地:E・HERO バーストレディ
手札:逆巻く炎の精霊 ATK100
   炎帝テスタロス ATK2400

「オレは攻撃力100のカードを破壊!パルスバースト!!」

エレナ LP600

「くそ!」
「一枚セット!これでターンエンドだ!」
「私のターン、ドロー・・・よし!手札一枚コストに『ライトニング・ボルテックス』発動!あんたのネオスペーシアンどもを蹴散らしてやるよ!」

ライトニング・ボルテックス
通常魔法
手札を1枚捨てる。相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター全て破壊する。

「みんな・・・!」
「いくわよ!『プロミネンス・ドラゴン』のダイレクトアタック!」
「させるか!リバースカードオープン!罠カード『聖なるバリア-ミラーフォース-』!攻撃モンスターを全て破壊する!うかつな攻撃だったな!」

聖なるバリア-ミラーフォース-
通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊する。

(たしかに勝負を決めようと焦りすぎたわね・・・)
「罠カード発動。『強欲な瓶』。一枚ドロー。・・・カードをセット。これでターンエンドよ。」
「オレのターン!オレは『グラン・モール』を召喚!」

N・グラン・モール ATK900

「これが通ればオレの勝ちだ!バトル!『グラン・モール』でダイレクトアタック!」
「させない!罠カード『拷問車輪』!攻撃を封じさせてもらうわ!」

拷問車輪
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、指定した相手モンスター1体は攻撃できず、表示形式の変更もできない。自分のスタンバイフェイズ時、このカードは相手ライフに500ポイントダメージを与える。指定したモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

「くそ、これでターンエンドだ。」
「私のターン、ドロー!この瞬間『拷問車輪』の効果発動!あんたに500ダメージよ!」

十代 LP4000

「さらに三体目の『プロミネンス・ドラゴン』召喚!」

プロミネンス・ドラゴン ATK1500

「これによりエンドフェイズにさらに500ダメージを与える!」

十代 LP3500

「どう、手札が尽きたあなたにとってこの布陣はきついでしょう。」
たしかに・・・オレの手札は『E・HERO ネオス』一枚。『プロミネンス・ドラゴン』は破壊できない。

「いくぜオレのターン、ドロー!」
『十代!』
!!このカードは・・・!
「・・・よし!『ブラック・パンサー』召喚!」

N・ブラック・パンサー ATK1000

「何?今更その程度のモンスター。」
「『ブラック・パンサー』の特殊効果!相手モンスター1体を選択し、そのモンスター効果と名前を得る!」

N・ブラック・パンサー
闇・星3・獣・ATK1000・DEF500
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択する事ができる。このカードが自分フィールド上で表側表示で存在する限り、このカードは選択したモンスターと同名カードとして扱い、選択したモンスターと同じモンスター効果を得る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

「という事は・・・!」
「エンドフェイズ、『プロミネンス・ドラゴン』の効果発動!相手に500ポイントのダメージを与える!」

エレナ LP100

「私がたったの100・・・?」
「そして『ブラック・パンサー』は元に戻る。」
「そんな・・・そんなの認めない・・・!私のターン・・・ドロー!私は場から魔法カード『手札抹殺』を発動!お互いに全ての手札を捨て、その枚数分ドローする!」

手札抹殺
通常魔法
お互いの手札を全て捨て、それぞれ自分のデッキから捨てた枚数分のカードをドローする。

「いくわよ!さらに『貪欲な壺』発動!墓地のカードを五枚選択しデッキに戻しシャッフル!その後二枚ドローする!」

デッキ:炎帝テスタロス、プロミネンス・ドラゴン、プロミネンス・ドラゴン、逆巻く炎の精霊、ヘルフレイムエンペラー

「『UFOタートル』召喚!」

UFOタートル ATK1400

「私は負けない!バトルフェイズ、『プロミネンス・ドラゴン』で『グラン・モール』を攻撃!」
「!?『拷問車輪』の対象になってる『グラン・モール』に攻撃!?・・・『グラン・モール』の効果発動!戦闘を行ったモンスターとこのカードを手札に戻す!」
「かまわない!『UFOタートル』で『ブラック・パンサー』を攻撃!」

十代 LP3100

「メインフェイズ2!私は場から『二重召喚(デュアルサモン)』発動!通常召喚をこのターンもう一度行う!」
「そうか!『グラン・モール』で毎ターン1体戻しても次のターン通常召喚で直接攻撃が可能・・・!」
「何勘違いしてるの?そんなの攻撃力の高いモンスター出されたら終わりじゃない。」
「じゃあ何を・・・」
「『UFOタートル』を生け贄に『炎帝テスタロス』召喚!」

炎帝テスタロス ATK2400

「『炎帝テスタロス』の効果。このカードが生贄召喚に成功した時相手の手札を1枚破壊する。私は右のカードを破壊する!」
「『グラン・モール』!」
「さらに破壊したカードがモンスターカードだった場合、そのレベル×100ポイントノダメージを与える!」
「何!」

炎帝テスタロス
炎・星6・炎・ATK2400・DEF1000
このカードの生贄召喚に成功した時、相手の手札をランダムに1枚墓地に捨てる。捨てたカードがモンスターカードだった場合、相手ライフにそのモンスターのレベル×100ポイントダメージを与える。

十代 LP2800

「これでターンエンド。」
「オレのターン、ドロー。『クレイマン』を守備表示で召喚しターンエンド。」

E・HERO クレイマン DEF2000

くそ・・・!
「打つ手がなくなったって感じね。やっかいなネオスペーシアンども消えた。思う存分やらしてもらうわ。私のターン、ドロー!『プロミネンス・ドラゴン』を再召喚!」

プロミネンス・ドラゴン ATK1500

「バトル!『テスタロス』で『クレイマン』を攻撃!」
「く・・・!」
「これであんたを守る壁はいなくなった!『プロミネンス・ドラゴン』のダイレクトアタック!」
「ぐわぁぁぁ!」

十代 LP1300

「カードを1枚セット!エンドフェイズ!『プロミネンス・ドラゴン』の効果により500ポイントのダメージを与える!」

十代 LP800

「どうする?もう後がないわよ?」
「まだだ!まだライフは残っている!オレのターン、ドロー!・・・!オレは手札から魔法カード『ミラクル・フュージョン』発動!このカードは墓地に眠るE・HEROを融合させるカード!そして呼び出すモンスターは究極のE・HERO!『エリクシーラー』!」

E・HERO エリクシーラー
光・星10・戦士・ATK2900・DEF2600
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」+「E・HERO クレイマン」+「E・HERO バブルマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの属性は「風」「水」「炎」「地」としても扱う。このカードの融合召喚に成功した時、ゲームから除外された全てのカードを持ち主のデッキに戻し、デッキをシャッフルする。相手フィールド上に存在するこのカードと同じ属性のモンスター1体につき、このカードの攻撃力は300ポイントアップする。

「その効果により攻撃力がアップ!」

E・HERO エリクシーラー ATK3500

「バトル!」
「罠発動!『威嚇する咆哮』!このターンのバトルを封じるわ!」
「くそ!これでターンエンドだ!」
「私のターン、ドロー!私は場のモンスターを守備表示に変更。」

炎帝テスタロス DEF1000
プロミネンス・ドラゴン DEF1000

「そしてこの引き次第ではあんたは終わりね。知ってるわよね。門番は禁止カードを三枚まで使用できる!『強欲な壺』!その効果によりカードを二枚ドロー!」

強欲な壺
通常魔法
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

「ち、このターンで倒すことはできなさそうね。でも確実に絶望を与えるカードは引いたわ!『地盤沈下』発動!この効果によりあんたと私のモンスターゾーン1カ所を使用不能にする!」

地盤沈下
永続魔法
全てのモンスターカードゾーンから2カ所を指定する。指定したモンスターカードゾーンは使用できない。この時モンスターカードが存在している場所は選択する事はできない。

「そしてカードを一枚伏せ、『プロミネンス・ドラゴン』の効果を発動!500のダメージよ!」

十代 LP300

「これでターンエンド!」
「オレのターン、ドロー!」
「罠カード『おジャマトリオ』!あんたの場に『おジャマトークン』を三体特殊召喚!」

オジャマトークン DEF1000

「これは万丈目のカード・・・」
「これであなたはもうモンスターを召喚できない!このターン1度しか攻撃できないあんたにとって敗北は必至!」
「そいつはどうかな。」
「へー・・・まだ悪あがきでもあるわけ?」
「オレは手札から魔法カード『魂の共有-コモンソウル』発動!こいつはモンスター1体を選択し、手札のNを選択したモンスターのフィールド上に特殊召喚!選択したモンスターの攻撃力は特殊召喚したNの攻撃力分アップする!」

魂の共有-コモンソウル
永続魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。自分の手札の「N」と名のついたモンスター1体を、選択したモンスターのコントローラーのフィールド上へ特殊召喚する。選択したモンスターの攻撃力は、この効果で特殊召喚した「N」と名のついたモンスターの攻撃力分アップする。このカードがフィールド上から離れた時、このカードの効果で特殊召喚した「N」と名のついたモンスター1体を手札に戻す。

「だからあんたには召喚するためのモンスターゾーンは無いって言ってるでしょうが!」
「だれがオレの場に召喚すると言った。」
「え?」
「俺が選択するモンスターは『プロミネンス・ドラゴン』!そして特殊召喚されるのはお前の場だ!『N・グロー・モス』を特殊召喚!」

N・グロー・モス ATK300
プロミネンス・ドラゴン ATK1800
E・HERO エリクシーラー ATK3800

「何を・・・!」
『十代!僕たちだけの勝利への道を!』
「バトル!『エリクシーラー』で『グロー・モス』を攻撃!」
「この瞬間『グロー・モス』の効果発動!相手はカードを一枚ドローし、その種類により効果が決定する!さあ一枚引きなさい!」

N・グロー・モス
光・星3・植物・ATK300・DEF900
このカードが戦闘を行う場合、相手はカードを1枚ドローする。この効果でドローしたカードをお互いに確認し、そのカードの種類によりこのカードは以下の効果を得る。●モンスターカード:このターンのバトルフェイズを終了させる。●魔法カード:このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。●罠カード:このカードは守備表示になる。

「頼むぜ、オレのデッキ。・・・ドロー!!!」

「何を引いたの・・・」

「ドローしたカードは『クリボーを呼ぶ笛』。魔法カードだ!よって『グロー・モス』は表示形式が変更されずバトルフェイズも終了しない!いくぜ!フュージョニストマジスタリー!!!」
「きゃぁぁぁぁあああ!」

エレナ LP0

「オレの勝ちだな。」
「ふふ・・・強いわねあなた。」
「・・・」
「けどあなたは勝てない。サンにも、他の門番にも。」
「そんなのやってみなくちゃ分からねぇ。オレにはみんながいるからな。」
(デッキ・・・仲間か・・・)
「そういう意味じゃないのよ。」
「だったらどういう意味だ。」
「ふふ、縁があったらまた戦いましょ。それじゃねぇ・・・」

「ますます謎が深まっただけだなぁ・・・」

この先一体オレに何が待っているんだ。・・・けれど今は感謝しないとな。ありがとう、オレのヒーロー達。


あとがき
ネオスペーシアンのセリフとか入れてみたら馬鹿みたいに文章量が多くなった。あと強欲な壺とグロー・モスは使うつもりなかったけどやっぱネオスペーシアン全部使いたいなという事で。まさかあまり使う気がなかった設定に助けられるとは。


スポンサーサイト

<< TURN-163 サイコ・ショッカーからの挑戦状 | ホーム | 超ショック >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。