プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このデッキでオレの新しい決闘が始まる!

と漫画版GX風にタイトルをつけてみる。
まあ主催者としてデッキシートとか見てデッキを組みながら徒然と。

ようやく自分の手にしっくりくるようなデッキができたぜ。
長かった…ここまで。
危うく一年たつところだったぜ…

というわけでまだまだ荒削りではあるが天子デッキ完成です。
こいつをメインデッキとして、オレの代名詞まで昇華させたいです。
とはいえ単に天子デッキといってもいろんなタイプがあって。
現在最終稿としては2つ存在します。
どっちもなかなかオレ好みのデッキでありまして。

まあどんな風にオレ好みかというと。
まず一つに場に出す楽しみ、プレイする楽しみ。
場に出してもつまらないカードを場に出したくないですからねー
天子を場に出してこれからどんな戦術を繰り出そうかと考えると場に出すだけで楽しいものです。

お次は揃える楽しみ。
場にそろえる、手札にそろえる。
要するにカードを揃えてコンボを披露する楽しみ。
ソリティアではまずできない流れでコンボを作る楽しみも、またしたたかにため込む楽しみも今のデッキは可能。
これは場に見える分相手は嫌がるし、一気に展開する分また相手が驚くし。

そして最後は場を動かす楽しみ。
場を硬直させることが多々できるこのデッキ、ちょっとした起爆剤を投下することで相手は動かざるを得なくなる。
その一撃が相手にとっては詰みか、はたまた逆転の一手を繰り出すか。
そこから始まる読みあいもまた楽しいもので。

とまあようやくデッキパワーが高くこんな風に楽しめるデッキが作れたわけですよ。
いやースランプとかあったけどこうして満足できるなら今までの過程は悪いものではなかった。

ちなみに最終稿は魅魔型とぬえ型です。
たぶん現環境に対して強いのはぬえ型と思われる。
以下ぬえ型のキーカード。

ぬえ
ハロウフォゴトゥン
パペットリッター
全人類の緋想天
憂いの雨

うちの天子デッキはもちろんプレスが火を噴きます。
というわけで直接火力のリッターorゴットン+憂いの雨やリッター+緋想天とか。
リッター+雨+緋想天で15点なのであとプレス2発なのはおいしいところ。
ぬえゴットンもあるわけですし。
しかもぬえ自体1コストワンパン9点はこういうギミック組んでると使い捨てでもおいしい。
最近の鰐に対しても緋想天は瞬殺、リッターでも6点のダメージを持ってすべての鰐を殺すことができるのは大きいです。
誰も鰐3枚をコストに大妖怪降臨とかしないだろ^^

追記:破棄じゃリッターダメージ受けないことを思い出した、ダメじゃん

もうひとつは魅魔型。
これはギミックなしに魅魔が7点火力なのが大きいところ。
以下魅魔型のキーカード。

魅魔
反転攻勢
密命
群青の崇り神

反転攻勢で7点火力、一回殴った後密命で受ければ合計14点。
さらに反転攻勢で容易に冥界を肥やせるので群青で魅魔を何度も呼び出せば相手にとってはかなりのプレッシャー。
お手軽明快に火力があるのがこちらのデッキのいいところですね。

今は魅魔型で組んでます。
魅魔がいる状態で憂いの雨を投げると相手は殴ってこないといけない状態になるので火力としても起爆剤としても憂いの雨は優秀です。
あとパッチェさんを一枚差してるけどこれも憂いの雨との相性いいし、冥界から除外するコストとしても3コストはいい数値ですねー

もう少し面白い話を。
実は密命が2積みで回しています。
1積み2積みの利点は来たら戦況が変えれるが無理して使わなくても問題ない、つまり使えたらいいなという感覚でデッキに入れれるです。
離反工作とかマスパとか重たいから使えたらいいけど使わなくても勝てるカードは結構ありますよね。
でも使えたら劣勢を一気に逆転できる、そんなカード。
…とこれは自分が使うことに関してであって。
実は密命みたいなカードはどんなに頑張っても2枚までしか公開されないことに意味があります。
つまりいつ3枚目が来るか。
相手は手を止めざるを得ない、その可能性を考えざるを得ない、そんな状況を作れるのが2積みの利点です。
とはいってもこれは相手の性格にもよるので万人たいして使える戦術ではないんですけどね。
でもそういうことを考えながらデッキを組んだり戦ったりするのも楽しいものです。
3積みでもノードをコントロールして冥界に落とさないように戦えばここら辺は問題ないと言えば問題ないんですけどねー

オレはまあ良くも悪くもエンターテイナー志向なので相手に考えさすことを強要するデッキを作るのが好きです。
相手をあっと脅かせるということはいかに裏を書くか。
まずはシンプルにプレスを警戒させる。
一方に注意をそらし、もう一つで種を仕込むミスディレクション。
そんな感じでこれからもデッキが作れたらなーと思う今日この頃です。

スポンサーサイト

<< またそれかと言われそうだが | ホーム | 2月も最後 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。