FC2ブログ

プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

visionにおける悩み事

別にvisionについて愚痴るわけじゃない。
自分の考え方について愚痴るだけ。

早い話が遊戯王におけるオレのプレイ感覚が抜けきってない。
というか単体の強さになれないんですよね。
どうも複数カードを合わせての行動になれすぎて。
性格上パワーカードを嫌う一面も大いにあって。
それで思った以上に力が出せない。
複数カードを使う戦術じゃ追いつかないから。
布石を打っても生かすまでに意味がなくなったりすることも多いし。

キャラクターカードゲームの一面で世界観の関係上キャラクター強弱が出てきてしまうのはどうしようもないこと。
そして実はキャラクターカードゲームだからこその弊害もあったり。
オレは声高に嫁を叫んだ事がないし嫁を作る気もない。
理由はいくつかあるがいつまでも夢見がちな子供というのが一番大きいでしょうか。
それともいろんな作品を旅する旅人だから、本能的に嫁と言う言葉を拒否しているのか。
そんな性格をしているせいなのか世界観は大切にしたい気持ちがある。
つまり畏怖や尊敬の対象となりうるキャラクターはなるべく使いたくない。
使役することに抵抗がある、戦う事は全然かまわないんですけど。
ということは必然的に強力なカードはあまり日の目を見ないんですよね。

まあそんなこんなで自分にいらだってる状況。
縛りをそんなに多くしてどうするんだと。
でもカードゲームと割り切るにしては東方と言う作品が好きだから割り切れないし。
困ったもんだ。
愚痴ったところで結構これはオレの本質的な問題であって。
とにもかくにも縛りをかけてる以上腕を磨くしかないよなー
勝つことこそがカードゲームだし。

とは書いたもののオレの好きな戦術が少ないこともまた事実。
オレの好きな戦術は相手を利用する事なんですよね。
相手の強烈な一撃を撃ち返してこそ精神ダメージは大きいもの。
かといって逆さ虹みたいなカードは違うんですよねー
カードゲームは相手がいなければ成り立たない。
それを表わすかのような戦術。
そういうのが好き。
相手の特定の行動、特定の状態、そういうのに反応する戦術。
そういう意味ではカウンターは苦手。
相手を封じるのではなく最大限に生かして戦う。
一番読みあいが熱い一瞬を自ら作り出す。
それができなくて悩んでるのは修行不足な証拠。

さてやっぱりたまってるものは形にして吐き出すのが一番だな。
肩の荷が軽くなったぜ。
とりあえず起きたらデッキ作ろう、と。

スポンサーサイト



<< 別に性格診断をやってるわけではないが | ホーム | 6弾カードをとにかく使ってみる >>


コメント

なんという難しい縛りを。

しかし、「縛り」という意味ではワタクシも似たようなものかもしれない。

ワタクシがデッキを作るのにこだわっているもの。
それは「自分だけのオリジナル」。
あまり真似をしたくない。

主催をしていると、優勝者のデッキや優秀者のデッキのレシピを見ることができます。
ただ勝つならそれのコピーやアレンジでいいでしょう。
しかしそこはひねくれていて「強いと言われているもので勝っても面白くない」そう思ってしまう。
損ですね。

もちろん、プレイングも問題ありなので、勝てるデッキでも凡ミスしてしまうのですが。

カードゲームは勝つ方がいい。
しかし、「素晴らしい負けコレクション」が溜まっていくのはナゼだろうか?

本日も負けコレクションを求め対戦す。

自分へのダメージを相手に移すコマンドなんかがあれば…ね、
エニグマの瞬間的なものが。

コメレス

>すかーれっとしゅーと様
真似をしないという事は損なことじゃないと思ってます。むしろ新たな発見につながる有益な行動と思って自分は頑張ってたり。自分も真似をすることは好きじゃないんで。デッキを研究するためにレシピをコピーすることはありますが。

ゲームは娯楽、目標が勝つ事であるのは当たり前ですがそれ以上に自分が満足できなければ何のために遊んでるのかわからなくなるんですよね。だからこそ自分が満足できる形を探し頑張り続ける。それもカードゲームの楽しみの一つだと思います。その過程で次にどんなカードが追加されるのかという期待もカードゲームならではの楽しみの一つ。この満足が得られるなら縛りは損な行動じゃないと思ってます。

自分もひねくれた人種ですからねー、絶対に他人が使いこなせないひねくれた強いデッキを作ろうと躍起になったり(笑
カウンターが入ったデッキに5弾藍とか強化タイプのデッキにダークサイドとかは結構驚かれました。
ここらへんは相手がそのカードを使ってきたときの対策で何とかなったりするんでまだまだなんですけどね。

ダメージ反射は博麗弾幕結界で我慢してくださいと言うしかない。
こうしてみるとライフ25は少なく感じてきた。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP