プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅せる決闘

昨日の続き。
十代何枚カード使ってんだよ、とアニメさながらのつっこみを入れたい。

TURN-4「ネオスVS伝説の騎士ギルフォード・ザ・ライトニング」


十代 手札2枚 LP1700
場 E・HERO バブルマン(ATK1600)、バブル・ロッド(E・HERO バブルマン装備)

ゲンガー 手札0枚 LP800
場 ギルフォード・ザ・ライトニング(ATK2800)

くそ、どうすれば。
「さあいくぜ!遊城十代!ギルフォード・ザ・ライトニングの攻撃!ライトニング・クラッシュ・ソード!!」

十代 LP500

「バブルマン撃破!」
「バブル・ロッドの効果、装備されたこのカードが墓地に置かれた時カードを1枚ドローする。」
「くそ、そんな効果が。ターンエンドだ。」

「オレのターン!ドロー!」
よし!デッキはオレを裏切らない!仲間を信じてオレは最後まで戦う!
「N・グラン・モール召喚!」

N・グラン・モール ATK900

「バトルフェイズ、ドリルモール!」
「攻撃力の低いモンスターで攻撃を!?自滅じゃねぇか!」
「グラン・モールはバトルした時お互いを手札に戻す効果がある。ギルフォード・ザ・ライトニングとグラン・モールを手札に!」
「くそ、俺の切り札が!」
「カードを2枚セットしターンエンド。」
これで相手の手札はギルフォード・ザ・ライトニング1枚だけ。次のターンけりをつける!

「俺のターン、ドロー!運命の宝札発動!サイコロを1回振り、出た目の数だけドロー、その後引いた枚数だけデッキから除外する。」

運命の宝札
通常魔法
サイコロを1回振る。出た目の数だけ自分のデッキからドローし、その後引いた枚数分デッキからカードを除外する。

「このタイミングでまたそんなカードを・・・」
「いくぜ、ダイスロール!・・・出た目は6!よって6枚ドロー!」
「そんな、また・・・」
「くけけけ・・・」
「!?」
「門番に与えられた力の1つ、禁忌解禁!禁止カードを3枚まで使用する事ができる。」
「不公平だ!何でそんな・・・」
「門番だからだよ。簡単に優勝者が出たらおもしろくねえだろ。それにその劣性を覆せる実力も貴様にはないのか?」
「!!いいだろ、やってやる!」
「死者蘇生発動!蘇れ!真紅眼の黒竜!」

真紅眼の黒竜 ATK2400

「再びレッドアイズが!」
「さらにレッドアイズを生け贄に・・・」
「生け贄!?」
「そう生け贄。7つ星で2400とか使えないだろ。俺は人造人間-サイコショッカーを攻撃表示で召喚!」

人造人間-サイコショッカー ATK2400

「ついに本性を出したか、ゲンガー!お前はやっぱり・・・」
「サイコショッカーの効果は知ってるな。罠の発動と効果を無効にする。これでお前のリバースカードは封じた。これで終わりだ!サイバーエナジーショック!!」
「そいつはどうかな?」
「何?」
「速攻魔法発動!クリボーを呼ぶ笛!頼むぜ相棒!」

クリボーを呼ぶ笛
速攻魔法
自分のデッキから「クリボー」または「ハネクリボー」1体を、手札に加えるか自分フィールド上に特殊召喚する。

ハネクリボー DEF200

(さっき以上の異常反応!)
「ち、速攻魔法でしのいだか。だがたかが1ターン命が延びただけ、ターンエンドだ。」
「オレのターン、ドロー!」
コンバート・コンタクト。グラン・モールでサイコショッカーを手札に戻したところで残りの融合では新たにモンスターを出されたら終わる。ならば・・・
「魔法発動、コンバート・コンタクト!自分フィールド上にモンスターがいない時発動する事ができる。手札とデッキからNと名のつくモンスターを墓地に送り、2枚ドロー!」

墓地:N・フレア・スカラベ、N・グラン・モール

「手札入れ替えの魔法か。」
「そしてオレはワイルドマンとエッジマンを融合!ワイルドジャギーマンを融合召喚!」

E・HERO ワイルドジャギーマン ATK2600

「バトル!ワイルドジャギーマンの攻撃!」

ゲンガー LP600

「馬鹿な!?サイコショッカーが!?くそ、俺のターン!くけけけ・・・」
「?」
「お前馬鹿だろ。俺の手札は6枚。お前は0。リバースカードが1枚あるとはいえこれで勝てると思っているのか?」
「そんなのやってみなくちゃわからねえ。」
「ならばわからせてやる。魔法カード、集結!ランドスター戦隊!ランドスターを可能な限り手札から召喚する!」
あいつの手札にはギルフォード・ザ・ライトニングがある。3体の生贄がそろったらオレのモンスターを全て破壊されてしまう!
「俺はランドスターの剣士と銃士を召喚する。」

ランドスターの剣士 ATK500
ランドスターの銃士 ATK700

「2体・・・」
「さらに俺はランドスターを生け贄にギルフォード・ザ・ライトニングを再び召喚!」

ギルフォード・ザ・ライトニング ATK2800

「いくぜ!ギルフォード・ザ・ライトニングの攻撃!ライトニング・クラッシュ・ソード!!」

十代 LP300

「ワイルドジャギーマン!」
「これでターンエンド。さあ引けよ、お前のターンだぜ。」
「オレのターン、C・チッキーを守備表示で召喚。ターンエンド。」

C・チッキー DEF400

「もはや貴様に勝ち目はねえ。くけけけ。俺のターン、守備封じ発動!」
「C・チッキー!?」

C・チッキー ATK600

「さあこれで終わりだ、いけ!ギルフォード・ザ・ライトニング!!」
「コクーン・ヴェール発動!コクーンよ、その身をまとう繭を解き放て!」
「Cを生け贄に効果ダメージを無効にするカードか。今更そんなものが何の役に立つ!」
「繭を解き放ったCはNへと成長する。」
「何!?」

コクーン・ヴェール
通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する「C」と名のついたモンスターを1体を生け贄に捧げて発動する事ができる。このターン効果によるプレイヤーへのダメージは0になる。その後、生贄に捧げた「C」と名のついたモンスターに記されている「N」と名のついたモンスター1体を手札・デッキ・墓地から特殊召喚する。

N・エア・ハミングバード DEF600

「ち、殺れギルフォード・ザ・ライトニング。これでお前の場と手札にカードは無くなった。2枚伏せターン終了。さあラストターンだ!絶望のカードを引け!」
「そいつはどうかな。」
「ああ!?」
「言ったはずだぜ。やってみなくちゃわからねえってな!見せてやるぜ。オレと仲間たちの、ヒーロー達の力を!オレのターン!」
「くけけけ・・・」
「魔法カード!」
「何!?」
「ホープ・オブ・フィフス!蘇れE・HERO達!墓地から5枚選択しシャッフル!3枚ドロー!」

ホープ・オブ・フィフス
通常魔法
自分の墓地に存在する「E・HERO」と名のついたカードを5枚選択し、デッキに加えてシャッフルする。その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。このカードの発動時に自分フィールド上及び手札に他のカードが存在しない場合はカードを3枚ドローする。

デッキ:E・HERO スパークマン、E・HERO バブルマン、E・HERO エッジマン、E・HERO ワイルドマン、E・HERO ワイルドジャギーマン

「この土壇場で!?だが3枚で何ができる。」
「フィールド魔法ネオスペース!そしてコクーン・パーティ!墓地に眠るネオスペーシアン達よ、Cとなり蘇れ!来い、コクーン達!!」

コクーン・パーティ
通常魔法
自分の墓地に存在する「N」と名のついたモンスター1種類につき、「C」と名のついたモンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する。

C・ドルフィーナ ATK400
C・ラーバ ATK300
C・ピニー ATK100
C・パンテール ATK800

「戦士の生還発動。手札に戻れ!ネオス!そしてC・ドルフィーナとラーバを生け贄にネオスを召喚!ピニーとパンテールの効果!成長しろ!コクーン達!」

E・HERO ネオス ATK2500→3000
N・グロー・モス ATK300
N・ブラック・パンサー ATK1000

「怒涛のコンボ。だからどうした。」
「・・・」
「教えてやるよ。俺の勝利への戦術。リバースの1枚はリビングデッドの呼び声。これで蒼炎の剣士を呼ぶ。こいつは好きなタイミングで100ポイント単位でフィールド上のモンスターに攻撃力を与える。」

蒼炎の剣士
炎・戦士・ATK1800・DEF1600
フィールド上のモンスターを1体選択する。攻撃力を100単位で下げる事で、選択したモンスターはその数値分攻撃力がアップする。この効果は相手ターンにも使用する事ができる。このカードが破壊された時、融合デッキから「炎の剣士」1体を特殊召喚する事ができる。

「そしてこいつが狙われた場合もリバース、1ドル銀貨がある。こいつは攻撃力1000以下への戦闘ダメージを防ぐ。」

1ドル銀貨
通常罠
自分フィールドの攻撃力1000以下のモンスターとの戦闘で発生するダメージを1度だけ0にする。

「この意味がわかるか。」
「・・・」
「コンタクト融合体のデータは全て知っている。つまりお前の負けだ!!!さあ、自らの手で俺への敗北を示せ!!!」
「・・・そいつはどうかな?」
「ああ?この期に及んで」
「お前はネオスの真の力を知らない。見せてやるぜ!グロー・モス、ブラック・パンサー、ネオス!トリプルコンタクト融合!!」
「ト・・リプル・・・?」
「来い!カオス・ネオス!」

E・HERO カオス・ネオス ATK3000→3500

「あ・・・ありえない・・・そんな召喚条件のカードノーチェックだ・・・。」
「カオス・ネオスの効果、3回のコイントスにより効果が決定する。表が1回の場合はオレのカードは手札へ、2回の場合は相手モンスターの効果を無効化する。3回の場合はお前のモンスターを全て破壊する。オレがこのターンで勝つには2回表を出さなければならない。3回じゃ優位にはたてるがお前を倒せないからな。」

(なぜこいつは平然とこんなギャンブルをできる!俺には門番としての能力、情報操作がある。こいつは選択した目以外の出る確率を半分にし、その数値だけ選択した目は確率が上がる。そして運命宝札。こいつは一定の条件を満たすと好きなカードを1枚引ける。だがそんなことしなくても奴はホープ・オブ・フィフスを引いた。くそ・・・なんでこんなことに・・・)

「どうした、顔が青いぜ。お前もギャンブル好きなら付き合えよ。カオス・ネオス効果発動!」





「表の枚数は2枚。よって全ての特殊効果を無効!」
「そ、そんな馬鹿な。」
「いくぜ、バトルフェイズ!カオス・ネオスの攻撃!!ライトアンドダークスパイラル!!!」
「ぐわあああああああぁぁぁぁ」

ゲンガー LP0

「どうだ、ゲンガー!これが」
「黙れ!!これが俺の存在意義!俺の、俺の・・・全てになる事が俺の・・・」

ゲンガーの体が光に・・・

「一ついい事を教えてやる。この世界、ただ勝っても帰れると思うなよ。くけけけ・・・」
「どういう事だ!おい!・・・消えた・・・」

・・・

「優勝しないと帰れないという事なのか・・・?」

これからの戦い、一筋縄ではいきそうになさそうだな・・・


あとがき
なんか無印のカードって両極端だな。強すぎるのと弱すぎるのと。あと城之内はリビングデッドなんか使ってない。ギルフォードの効果は演出上使いたかった。

デュエルパートはいくらでも考えれるけど、話にするのって意外に難しいんだと痛感。それとギャンブルは書いてて相当気を使うな。ご都合主義にならないようにと。ドローの時点でご都合主義だけど。禁止カード云々ははっきり言って逃げ道を作るためです。別なキャラの決闘も書きたいけどなぜか十代ばっかり思いついてしまう。


スポンサーサイト

<< 宝玉獣の力と可能性を考察してみた | ホーム | 最近やりたいこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。