プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間についての考え事

今はテストから解き放たれ一番テンションが高い。
そのうちに少しでも多くの事を考えておくぜ。

ちくしょう、なんで絶対無理だって思ってたオレが担当者になってるんだろ…?
でもやるからには全力を尽くす。
というかほっとけない。
そんなオレ。
ああ、そういえばたしか今年の学祭は11月14(土)15(日)です。
愛媛大学の萌学研究会に訪れようと考えておられる方は計画はお早めに。
期待しすぎないでね・・・?
特に何もないし。
後特に何も決まってない。

今回は時間。
現在は最低16席8卓とれそう。
配置しだいでは最大2倍!(ぉ
たぶんいっても1.5倍まででしょうけど。

問題はこの交流会が複数ジャンルを取り扱うという事。
visonはイベント(主催者挑戦みたいなものを用意して賞品を出す)を企画してるらしいです。
詳しくは知らない。
基本丸投げだし。
お前もvisionプレイヤーだって?
しらねぇな(ぇ

人は運営する側としては来ない方が楽です(ぉぃ
それでも遊戯王プレイヤーはゲー研にかなりいますし容量オーバーは避けられそうにないです。
並ぶようになったら1戦のリミットを設けないといけない。
遊戯王はスピーディーなのでまだ楽ですが。
え?1戦5分前後ですよ。
これぞインフレ!
拮抗しだしたら10分とかかかりますが。
1ターン3分の公式設定はプレイの高速化と思考の高速化が図られ、初手の手札の少なさとマナの概念のなさはもはやある意味で究極の読みげー。
逆転性が高いゲームなので。

問題は他のカードゲーム。
どうしても時間がかかってしまう。
だからそっちのために席を多く取っておくべきか。
遊戯王は人口が多いといっても早いからそこまで多く取らなくてもいいような気がするんだよね。
時間効率を考えないといけないという事態にぶち当たるとは…
後フリースペース。
せっかく会った人同士。
対戦したい人も出てくるでしょう。
基本主催者はリクエストがかかったら出てくる、そういう風にすべきか。
デモプレイはやりたいというのはありますが。

そういえば1戦リミットの話でしたね。
これはイベントの主催者挑戦の時に大きく響くと思います。
時間がからんでくると賞品が出ると聞いてわざと1ターンの時間を延ばして判定勝ちに持ち込む輩が出ないとは言えない。
まあそんな心が汚い人がカードゲームやってるとは思いたくないですが。

最低何戦やりたいか。
たとえばスイスドロー戦の事を考える。
visionは通常大体6時間6戦の時間をとってくれてますが1人でやると18戦。
2人でやると3時間で一人当たり9戦。
3人だとさらに半分…という風に減っていきます。
じゃあ何人来ることを想定するか。

たとえば30人。
3人なら一人当たり10人。
だいたい3時間。
2日ともその時間をとるとするとその分他のイベントを圧迫します。
まだイベントするという報告は受けてませんが。

6人にすると時間は半分になります。
その分他の場所は圧迫されフリーで楽しみたい人は追い出されます。
そこら辺は難しい。
だから円滑に進めれるように1戦の最低時間は決めておかなければ。

1ターン2分制限の20分制限。
感覚で言えば早碁みたいな感覚です。
ただやっぱりカードゲーム的な思考に慣れてない人には不公平な時間の取り方です。
またカードが増えたなら1枚ずつにも処理に時間かけないといけないし。
もちろん通常は1ターン何分制限と言えば自分の思考処理の時間だけで、相手の思考処理時間、カード効果の処理時間は含まれません。
でもそんな細かいことできるのかと言われると難しいところです。

実際は1戦の時間だけリミットをかけ、1ターンは脅しみたいな感じでかけておくのが一番効率的かな…?
結局時間の短縮なんてのはプレイヤーが頑張らなければ無理な題材であって。
主催者はそこら辺の能力を最大限に鍛えておかなければ。
挑戦者にできるだけ時間を渡せれるように。

ぶっちゃけいえば時間の緩急のつけ方もプレイの範囲なんですよね。
もちろんあまりに露骨なあれは嫌われますが。
あたかもプレイの分岐に差し掛かったようにみせかけ、相手に警戒させる。
人と人が向きあい表情が出るテーブルゲームならではのテクではあるんですよね。
だからこそ1ターンの時間制限は重要ではないかと思ったり。
正確である必要はないです。
プレイヤーに自覚させるだけでいい。
時間は無制限に使えるのではなく有限のカード。
そういう意味では囲碁とかで使われる時計はおもしろい。
ただしカードゲームは相手の妨害があるんで難しいですが。

あんがいフリーススペースは勝ち抜き制がおもしろいかもね。
勝った人は延々と座り続け、負けた人はひたすら交代していく。
で、連勝数に応じて賞品が出る。
ガンスリリングみたいなものですね。
利点は回すのが楽。
あと話しかけるのが苦手な人も並ぶだけで対戦ができる。
欠点はやっぱり好きな人同士で対戦できない。

…むずい。
というか自分たち自身がカードゲームで遊ぶことを考え出すとさらにめんどい。
でも遊びたいって言うしできる限りは頑張るか。

ちなみにここに書いているのは意見共有のため。
次に会った時にある程度話し合いできるようにしといてくださいね。

スポンサーサイト

<< これぞキャラデッキ…? | ホーム | やる気があるうちに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。