プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よし7月だ

という事でさっそく記事更新。
今回は大会で使ったデッキについての雑感。

サニーが当たり前すぎるからじゃあはずそうデッキ
キャラ22
玉兎3
槌の子3
ヤマメ3
魔理沙5弾3
文5弾2
幽久子5弾3
藍5弾3
こいし2

スペル11
キャプチャーウェブ2
テリブルスーヴニール2
大鐘婆の火2
シュート・ザ・ムーン2
ギャストリドリーム3

コマンド17
マナの生成3
勇み足2
魔法研究2
リーインカーネーション2
運命のダークサイド3
強引な取引3
流星祈願会2

サイド
パルスィ2
文5弾1
キャプチャーウェブ1
風神少女2
リーインカーネーション1
解呪3

コンセプトは3つ。
1.サニーミルクを使わない。
マナチャージを彼女に頼り過ぎている感があったので。
人は疑問や違和感を持つ事が成長のきっかけって誰かが言ってた。

2.カウンターを使わない。
今まではカウンター系が10枚近くデッキを占めていたので。
人は慣れない環境でこそ真価が試されるって誰かが言ってた。

3.スペルになるべく術者を据える
術者あってのスペルだろ!ってオレが言ってる(オイ

実はあまりつるべとやったことがないから対策は甘めに言ったんですよねー。
風神少女4発撃てば大丈夫だろ的なノリで。
後コスト増加がどれだけ役に立つかのテスト。
秘封倶楽部が5ノードでつくづくよかったと思う今日この頃。
結局当たらなくてわからずじまいなんですけどね。

以下戦術的雑感。

強引な取引+流星祈願会
強引な取引のプレイに干渉して流星祈願会。
手札差がつくので4ドローという暴挙に。
なんだかんだで一番多く使った戦術だと思う。
序盤に手札を増やし後半に手札を減らすのがメイン戦術なので。
大鐘婆の火で手札の枚数を同数にした後のこれもひどかった。
ドローし過ぎと泣かれました。
後相手ターンに流星祈願会は強かった。
あらゆる面で。

リーインカーネーション
これの使い方一つで勝敗が分かれたほど重要なカードだった。
元は空間操作怖いという事で入れたカードでしたけど。
目標にされたときに目標をカード効果のコストにするサクリファイスエスケープ。
遊戯王の常套手段ですがここでも大活躍。
カウンターを積んでない分、他のカードで受け流さないといけないんで。

運命のダークサイド
こうしてみるとこのカードゲームの強化カードの多さに驚き。
自己の効果で強化から全体強化スペル、果てはコマンドまで。
だからこそ目標を取らないこのカードは強い。
もちろん強力ハンデスという側面もある。
攻守において受け身ではあるが強力なカード。

幽久子+ギャストリドリーム
はっきり言って今回一番使用したカード。
遊戯王でも一定条件を持つ単体除去がいくつか制限になっているのに目標のとれる単体除去が強くないわけがない。
もちろんギャスドリはコストは重たいですが術者を据えるコンセプト上そこまで苦じゃなかった。
幽久子様が維持できるか否がはっきりいって勝利の分かれ目に感じるほど。
まあ幽久子様をだすために自分の場のカードを除去することが多々あったのはご愛敬。

槌の子
実際あんまり引かなかったし後半引きや相性の問題であまり活躍しなかった。
が、やはりここぞという時は活躍してくれました。
空間操作回避、マナチャの自滅。
マナチャで出したいカードは先にハンデスで狩るので数が減ってくれるマナチャの方が純粋にうれしいですね。
実はマナチャ用に耐久4のカードが多めに入ってるけど上記の理由でほとんど自分がマナチャすることはありませんでした。

魔理沙+シュート・ザ・ムーン
コスト+1の効果もさることながらシュート・ザ・ムーンの術者というのが1番でかかった。
あらゆる場面でシュート・ザ・ムーン。
ダメージとやっかいな大型の先潰しができるのが大きい。
コスト過払いで撃てなくなった離反も狩れたし。


カウンターを2,3枚持ってることは多かったですね。
一度打てるとその後のドローがあるとはいえ確認もできるし安全です。
こちらはたいていドローカードを抱えていてすぐに手札の内容が変わるので相手にとってもいやだったでしょうし。
まあ運命のダークサイド警戒しただけなんですけどね。


コストは重たかったですね、やっぱり。
けど詰めの一手ではすばらしい動きをしてくれます。
相手の手札が少ないときとか。
あと先制持ちはでかい。

こいし
手札少ないのにこいしの相手をするのは酷だと思うんだ…
やはりこいしは強い。
隠密に目標にならないに能力。
大型妖怪さえ出なければこいしを止めれるのはそうはいない。

キャプチャーウェブは使う機会が全くと言っていいほどなかったです。
魔法研究で引っ張ってきたのはギャスドリ、大鐘婆ばかりでしたし。
あとヤマメもあまり活躍しませんでした。
幽久子様やすでに張っているヒガンルトゥールに狩られたのが主でしたね。
ノードがたまった中盤に引くことが多かったです。
まあ序盤で動くカードを多めに入れたデッキのネックではあるんですけどね。
後玉兎のドロー率が異常。

火災警報器の誤作動でなかなか寝付けないので書いてみました。
まあそろそろ眠たいのでここら辺で。
誰かの参考になってることを祈りつつ。

スポンサーサイト

<< 当たり前を特別と思う事 | ホーム | 2周年です >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。