プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイク・テイク

どうやらオレの専門は戦闘に関する技術らしい。
というわけでちょっとした小ネタ。

小さな脱出劇
コマンド ノード3 コスト1
目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕を手札に戻す。
ターン終了時まで、この効果で手札に戻したキャラクターカードは「奇襲」を得る。

速攻持ちがいれば2回攻撃が可能なカード。
しかし他にも自分の攻撃を取り消すのに使える。
白玉楼の幻闘で戻されて攻撃が無効にされるのと同じ原理。
それがどんな意味があるか?

防御はキャラクターをスリープにして行うもの。
つまり迎撃で数を減らそうとする相手に対してそのキャラを寝かして自分は無事という事が行える。
防御しないならばそのまま通せばいい。
これがフェイク(嘘の)テイク(行動)。
また勝手に造語を作ってしまった。
奇襲自体がまああれだしね。

戻したキャラクターは速攻持ちならプレイして攻撃。
プレイ時に効果を発揮するタイプならプレイして発動。
そして戻したカードを特定のカードにコストにするのもあり。
たとえばチルノとか。
スターで突っ込んで、寝かして、スター戻して、本命でアタック、というのもできる。

ただしこの技術、燃費とカード効率はあまりよろしくない。
結局相手は残っているわけだし。
無理やり攻撃を通せる手段として覚えておく程度かな?
覚醒もコストは高いがキャラを失わずに寝かせることは可能。
まあ物量向けの戦術だな。
後漆黒の風は相手の戦術を狂わせることができるのでお勧め。
こちらは相打ちレベルなら一方的に倒せるカード。
覚醒でも似たようなことはできるが軽さが違う。

万能の覚醒、テクニカルな小さな救出劇、戦闘戦術の漆黒の風。
どれを使うかは個人の趣味で。
どれも使わない選択肢の方が多いけど。
こんなことばっかりしてるから単純除去に弱くなるわけで。

スポンサーサイト

<< ドローモーション | ホーム | ドローカードの少し考える話 >>


コメント

その「フェイクテイク」に圧倒的にもってこいなのは虹川姉妹ですかね・・・ただ最近は合体したところをギャスドリされますが(汗。
本命がものすごく大きい攻撃力を持っているときはよく使われる「フェイクテイク」。
「これが決まれば・・・」そんな時はコストなんて・・・阻止られたら泣きますよ(笑

>すかーれっとしゅーと様
キャラの効果とコマンドの差は大きいですよね…
止められにくさでいえば圧倒的虹川姉妹ですが。

実はフェイク・テイクは韻を踏んでてかっこよくね?って昔誰かが言ってたような気がしたので使ってみました(オイ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。