プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドローカードの少し考える話

ふさぎこんでいる場合じゃない!
元気にならなくちゃ!と言う事でカードを眺めて思ったこと。

強引な取引
コマンド ノード4 コスト1
【自分ターン1枚制限】
目標の〔プレイヤー1人〕は2ドローする。

流星祈願会
コマンド ノード4 コスト1
〔このカード〕の解決時、あなた手札が相手プレイヤーの手札より1枚少ない場合、以下の効果の1を、2枚以上少ない場合、以下の効果の2を解決する。
1.〔相手プレイヤー1人の手札1枚〕を無作為に選んで破棄する。
2.〔あなた〕は2ドローする。

運命のダークサイド
コマンド ノード3 コスト2
ターン終了時まで、〔全てのキャラクター〕が持つ戦闘修正の+を-に変更する。
但し、この効果で変更された戦闘修正のみで耐久力は0以下にならない。
更に、〔全てのプレイヤー〕は、ドローフェイズの規定の効果以外でカードをX枚ドローする場合、そのドローを無効とし、手札をX枚破棄する。

短文は強い。
そんな法則がカードゲームにはある。
もちろん強引な取引の事だが。
強いがゆえにアンチカードを撃たれるとリスクがでかい。
運命のダークサイドの事だが。

ダークサイドの存在がある以上むやみに打てば3:1という馬鹿げた損になる可能性がある。
しかし2枚捨てれない状態であれば不発に終わるだけ。
1:1交換まで落とせる。
ここまでは周知の事実。

ここから先は狙ってできることではないが覚えておくと便利なこと。

流星祈願会。
こいつは相手との差は2枚以上の時2ドローできる。
この効果は実は運命のダークサイドに強い。
2枚差の時に打てば相手は1枚プレイして差が1枚。
つまり相手を捨てさすどころかこちらが手札を1枚破棄しなくてはならない。

そして一定の条件下なら3枚差の時にも絶大な効果を発揮する。
まず流星祈願会を撃つ。
運命のダークサイドが飛んでくる。
このときはまだ差が2枚。
しかしここで強引な取引を撃つ。
このカード、スペルのタイミングで打たれることが多いがこうしてダークサイドの上に効果を積めば回避しつつ2ドローできる。
1枚減って2枚増える。
つまり差が1枚。
流星祈願会でさらに相手を1枚捨てさせることができる。

そして手札がこれらのカードだけの時。
流星祈願会を無効にさせる。
2枚破棄できないのでこれで1:1交換。
そして強引な取引で相手を指定する。
つまり運命のダークサイドを逆に利用する戦法である。
相手はこれで1:2交換という損をすることになる。
上と合わせ2枚ドローするか2枚捨てさすかはその時の状況で。

これらの技術は狙ってやりづらいが知っておくと便利。
流星祈願会は4枚目の強引な取引と言われるがそんなことは断じてない。
だって相手ターンにもプレイできる、つまりドローフェイズでスペルやキャラのプレイをさせないで効果を使える。
運命のダークサイドの効果が終わった後にも打つことができる。
いわば玄人向けのカード。

よく使うカードでも一度立ち止まって本気で考える。
その思考こそがいざという時の力になる。
これが技術が術と呼ばれる所以と思う。
これが魔法の力か…
違うか。

とりあえず龍魚ドリルの攻撃時に2ドローしたいなと思う今日この頃。

スポンサーサイト

<< フェイク・テイク | ホーム | 疑問に思えば >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。