プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破棄ではない、除外してもらおう

遊戯王GXで有名な言葉を少し改変して。
というわけでvisionにおける除外について考える。

このゲーム、ぶっちゃけ冥界利用が強すぎる。
たとえば蘇生に分類されるリニアメイト。
リザレクションはキャラ分のコストを支払うだけかわいいが、紅色の冥界はキャラが召喚されたターン除外される代わりに毎ターン冥界から呼び出せるとか破格の効果すぎる。
そして自身の効果で回収できる博麗神社等の地名系カードや落ちた瞬間即座に戻る銀ナイフ、ターンごとにコストを払えば回収できるつるべ落とし。
そして発動条件に冥界、手札、場に存在するカードを除外してプレイできるユニオン。
ざっと書くだけでこんだけある。
もちろん回収効果を持つカードもある。
そして効果で冥界の上のカードを自分につけていくカードもある。

とまあこんだけあるのだが除外カードが少ないのでのさばってるのが現状。
というか除外カード入れるくらいなら破棄系のカード入れてバランスを上げた方がいいと思うのが人の常なのかな?
しかし冥界利用は基本コンボ。
つまりそれを封じれるとなればアドバンテージがとれることは自明の理。
なぜなら情報アドバンテージの項でも言ったがコンボカードは生かすカードがあって初めてアドバンテージが生まれるもの。
それが腐るとなるとデッキはボードやハンドアドバンテージを失ってないにしても役目を果たせないのでアドバンテージが生まれない。
見た目と内容のアドバンテージの差。

さてまずは一番てっとりばやい除外を見ようか。

結界「生と死の境界」
スペルカード ノード4 コスト1 術者:紫
【世界呪符】
(自動α):〔全てのカード〕は冥界に置かれる代わりにゲームから除外される。
(自動γ):〔このカード〕が破棄された場合、冥界に置かれる代わりにゲームから除外する。

冥界におかれるカードはすべて除外されるシンプルのカード。
もちろんこのカードだけではアドバンテージは生まれない。
ボードやハンドを阻害してるわけではないから。
除外は強力な存在だがあくまでコンボ封じ。
しかしこれの強力な点は干渉不可の自動効果を発動からつぶしてしまう点にある。
もちろん銀ナイフの事だが(あれは冥界におかれた瞬間に効果が発動するため干渉の暇がない)
しかも冥界に落としたいカードがあるのに落とせない、という情報を与えることで相手の手が鈍る場合もある。
これも相手に情報を与えることで場を制圧する情報アドバンテージの一種である。

銀ナイフや枚数を気にせずマストカウンターだけを狙いたいなら無縁塚がある。

無縁塚
コマンドカード ノード1 コスト1
目標の〔プレイヤー1人の冥界にあるカード5枚まで〕を選んでゲームから除外する。
(自動β):メンテナンスフェイズに〔あなたの冥界にあるこのカード〕をゲームから除外しても良い。除外した場合、〔あなたの冥界にある「無縁塚」1枚〕を手札に戻す。

回収能力のある地名のカードの1枚。
相手が冥界のカードを対象に取った瞬間に発動すれば、そのカードを無効にでき、かつ後続でそのカードを指定できないため、刺されば1:1以上の働きをしてくれる。
回収効果はこちらは冥界に落ちるのを待てばたやすいことでもある。

しかしマストを狙うと絶対通すために相手がカウンターを抱える恐れがある。
このゲームはカウンターが結構気軽に使えるし。
キャラ限定ならばドローもできる古の記憶があるが、あれはキャラが3枚いなければ使えないので正直使いづらい。

当たり前だがこのゲーム、除外を生かす方法がほとんどない。
遊戯王は第2の墓地と言われるほど増長してしまったが。
しかもそのほとんどが使いづらいため、低速デッキになってしまう。
後もともとコンボデッキを打開するためのカードなので対抗策としては中速以降のデッキ中心となり、高速デッキはデッキから何かしらするカードが多いので意味なかったりする。
むしろこのカードゲームは冥界以上にデッキ利用が多いような…

とまあ、除外の強さを語るには冥界利用のカードを語らねばならないので割合させてもらう。
しかし中速以降のコンボ方はたいてい冥界利用である事が多い。
それが安く早くはれるこれらのカードはメタにはちょうどいい。
冥界にためるという下準備は案外難しいためである。

除外カードを利用したデッキ?
う~ん、難しいな…
とりあえず考えてみた。

キャラ 20
いぬさくや
玉兎 3
サニーミルク 3
アリス5弾 3
咲夜5弾 
慧音 2
藍1弾 2
一符紫 3
二符紫 2

スペル 10
生と死の境界 3
八雲 藍 2
ギャストドリーム 2
エターナルミーク 3

コマンドカード 20
強引な取引 3
宏観前兆 2
作戦阻止 3
ディゾルブスペル 2
断罪裁判 2
瞋怒 2
無縁塚 3
マナの生成 3

5分でカードを列挙して10分以内にカードを50枚まで減らす作業。
とっとと境界張って二符紫の効果を使いまくるデッキ。
デッキパーミッションぎみに作った。
カウンターデッキね。
まあ…回し方はわかるよね…?
マナチャージ持ちがもう少しいるだろうか…
15分でデッキを作る作業も楽じゃない…
魔法研究とかすっかり忘れてたし…
でも無縁塚は言ってるから大丈夫かな…?
回せもしないのにこんなこと考えるオレって…


スポンサーサイト

<< ノードとコストと確立と | ホーム | 戦闘戦術2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。