プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-155 レインボー・ネオスVSユベル究極体

毎回感想が遅れる。
超展開遊戯王GX感想。

冒頭からレインボー・ネオス三つの効果の一つを発動。デッキの一番上のカードを墓地に送り、相手の墓地のカードを全てデッキに戻す効果。自分の墓地を増やしつつ、相手の墓地利用を封じるいい効果。ちゃっかりネクロダークマン送ってるし。これでサクリファイス・ロータスのコンボを封じる十代。

ヨハンのカードを使う十代に対し怒るユベル。僕に注いでくれた愛も今はあいつのものなんだねと。毎回毎回視聴者が誤解するような言い回しだよなほんと。しかし十代は反応せ
ずさらにアームズ・ホール発動。

アームズ・ホール
通常魔法
自分のデッキの一番上のカードを墓地に送る。自分のデッキから装備魔法を一枚選択し、手札に加える。このターンモンスターを通常召喚できない。

サーチはいいけど召喚→装備の流れができないのは痛い。コストによりネクロ・ガードナーを墓地に送りレインボー・ヴェールを手札に。そして発動。

レインボー・ヴェール
装備魔法
装備モンスターが戦闘する時、そのモンスターのモンスター効果を全て無効にする。

デュナミス・ヴァルキリアが絵とは。なかなかいいチョイス。前に十代は受け継がれる力も使っているしね。効果もそこそこ。ただそこまで使い勝手はよくないな。しかしレインボー・ヴェールの説明をする十代の顔が悪すぎるwwwこいつほんとに主人公か?レインボー・ネオスの攻撃、レインボーフレアストリームが炸裂。しかしこれで終わるユベルじゃない。デモン・ローズ発動。

デモン・ローズ
永続罠
発動後、このカードは自分フィールド上のモンスター1体の装備カードとなる。装備モンスターが受ける戦闘ダメージは0となる。このカードがフィールドを離れた時、装備モンスターは破壊される。

強力な効果。罠版ミスト・ボディといったところか。これにより攻撃を回避。そしてユベルのターン。マジック・クロニクルの効果を発動。それにより選ばれたのはサイクロン。この効果によりレインボー・ヴェールを破壊。ユベルは不本意ながら十代を我が物とするために攻撃を仕掛ける。しかしネクロ・ガードナーの効果。墓地のこのカードを除外しユベルの攻撃を無効にする。

仲間の力を信じて最後まであきらめない。それが決闘だ。十代が何度も言ってきた言葉。ほんといい言葉だよな。決闘だけじゃなくてさ。自分に慢心する事なく、仲間を信じる事。大切なことだよね。十代のターン。引いたカードはホープ・オブ・フィフス。墓地のE・HEROをデッキに復活させ2枚ドローするカード。

そしてクレイマン召喚。このタイミングでの通常召喚。一見無意味に見えるこの行動は、レインボー・ネオスの三つの効果の一つを発動するため。ビオンド・ザ・レインボーホール、モンスター1体を生け贄に、相手フィールド上のモンスターを全てデッキに戻す効果。モンスターを全て消すこの能力は、攻撃力4500を誇るレインボー・ネオスと相性抜群。そして守備クレイマンは2ターン持たない法則。合掌。

ユベルを消し去った十代。しかしそれは新たな悪夢の始まりだった。ユベル-Das Abscheulich Ritterの特殊効果。フィールドから離れた時、ユベル-Das Extreme Trauring Drachenを特殊召喚。その効果はダメージを反射するだけでなく、戦闘したモンスターまでも破壊する。そしてそれに合わせユベルの声が男の声に。しばらく出てこなかった分違和感が。十代は一枚伏せターンエンド。

ユベルのターン。ユベルの攻撃。それに対して十代は罠を発動させる。

アルケミー・サイクル
カウンター罠
戦闘を行う自分フィールド上のモンスター1体の攻撃力を0にする。そのモンスターはダメージステップ終了時まで破壊されない。ダメージステップ終了時、そのモンスターをゲームから除外しデッキからカードを一枚ドローする。

元のテキストがわかりづらい。その戦闘で破壊されないって書いてるんだけどそれが戦闘で破壊されないなのか、その戦闘の間たとえ効果でも破壊されないのか。OCG的に考えると前者だと思うんだけど、ユベルの効果を考えるとたぶん後者だろうという事を思って上記のテキストにしてみた。普通に使うならまず強欲な瓶を使えと。カウンターである意味もないし。これによりレインボー・ネオスの攻撃力は0。よって十代のダメージも0。

モンスターを犠牲に自分へのダメージを0にするとはさすが覇王。ユベルの言葉に対し十代の言葉は強気なんてものを通り越したものだった。これで何度目かな。また俺を倒す決定的なチャンスを失ったな、ユベル。

ユベルは動揺を隠せない。ぎりぎりのライフを守る君をなぜ恐れなきゃならない。そう切り返したが覇王十代の言葉は続く。なぜ?なぜならお前の言うとり俺は覇王だからだ。お前が何度攻撃して来ようが俺が勝つ!

かっけぇ、けど絶対主人公じゃねwwwどこの世界に初めからあんな性格ならともかくあんな言葉と顔する主人公いるんだよ。ユベルは一枚伏せターンエンド。

十代のターン。ネクロダークマンの効果により、ネオスを召喚。E・HEROとN、その他十代にとってのヒーロー達、そしてヨハンのカード。その総力戦で最後に召喚するのはやはりネオスか。2枚伏せターンエンド。

ユベルのターン。全てを終わらすためユベルはネオスに攻撃しネオスは炎に包まれる。そしてユベルへと攻撃を与える。しかし攻撃したユベルはモンスターではなくプレイヤー。速攻魔法蜃気楼の筒が発動。

蜃気楼の筒(ミラージュシリンダー)
速攻魔法
自分フィールド上のモンスターが攻撃された時発動する事ができる。その攻撃を無効にし、攻撃対象となったモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

自軍にモンスターがいないと使えない点で魔法の筒に劣るが、サイコショッカーに無効にされないのはいいこと。これによりユベルのライフは残り400。

オレの心は折れない。その言葉とは裏腹にユベルはダメージを与えられて喜ぶ。やっと十代の心が届いた。その憎しみは愛の裏返しなんだねと。そしてユベルはさらに言葉を紡ぐ。自身の能力は戦闘では決して傷つかず、他人を傷つけることしかできない。そんな自分は他人の愛を受け入れる事は無かった。

だからユベルは異常なまでに苦しみや痛みにこだわってたのか。他人の痛みも知らずに本当の愛が語れるか、慈愛にしても恋愛にしてもそれは無理だからね。

さてここから超展開。いきなり十代とユベルの前世の話かよ。さすがGX、予想のはるか斜め上に行ってくれる。まとめるとユベルは十代の友であり、十代は生まれながらにして正しき闇の力、覇王の力を持っていた。その覇王の力が真に目覚めるのは少年の心が大人になった時。それまでの間十代を守るため、ユベルは自らの体を誰も傷つけられない体に改造した。そのユベルの姿を見て、十代は自分の愛は全てユベルのものだといった。

まず2期のアクア・ドルフィンの言葉、破滅の光と優しき闇の対立がここで出てくるとは思わねえよ。どんだけ壮大な伏線だよ。1年完結のくせに伏線になってそうでなってないものをまき散らすし。そして十代が前世の記憶を思い出すこと。いやいや普通無理だから。しかしそれをさらりとやってのけるGXクオリティに脱帽。

激しい風の中十代は翔に言葉を預ける。みんなに迷惑をかけてごめんと。翔は言う。どんな事があっても犠牲になちゃいけないと。しかし十代の意図はそんなんじゃなかった。今から大人になるための旅に出る。ガッチャ。

その言葉とともに光が巻き起き、十代とユベルは二人きりに。翔は叫ぶ。一緒に帰るんじゃなかったらいやだよ、十代。アニキーーーー。擬の玉は消え、そこには涙が残るだけだった。

ユベルの心を知った十代の行動。ユベルの行動を全否定し続けた十代でも心が動かざるをえないよな。そしてようやく擬の玉終了。この経験が翔をどんなふうに成長させたかのちの展開に期待。

ユベル大丈夫か、すべてを知った十代がユベルに投げかけた言葉。しかしそんな変化に気づかずユベルは暴走を続ける。ホープ・オブ・フィフスと蜃気楼の筒の二つの魔法力によりマジック・クロニクル発動。選ばれたカードは・・・超融合。その選択に激怒するユベル。本気の決闘ならばトーチ・ゴーレムを選ぶはず。しかし選んだカードは超融合。その怒りとともにチェーン・マテリアル発動。

チェーン・マテリアル
通常罠
このターン融合召喚を行う場合、効果を無視して融合モンスターによって決められたカードを自分のフィールド、デッキ、手札、墓地から選択して除外し、融合素材とする事ができる。このターン攻撃する事はできず、この効果で融合召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

元のテキストはこれを融合素材とする事ができる。これというのがこのカード自体を融合素材にするのかそれとも除外したモンスターを融合素材にするのかわからないんで、あと融合発動してもそれ自体には墓地に送れるカードに制約があるので上記のようにしてみた。

そしてユベルは超融合発動。レベル1から12のモンスターを融合させ十二次元を統一、そして超爆発により消滅させようとする。選ばれた融合素材は以下の通り。なるべくユベルが使用したカードで悪魔族が選ばれている。

レベル1 グレイブ・スクワーマー
レベル2 ジャイアント・ウイルス
レベル3 カオス・コア
レベル4 ファントム・オブ・カオス
レベル5 暗黒の召喚神(?)
レベル6 炎獄魔人ヘル・バーナー
レベル7 合成魔獣 ガーゼット
レベル8 溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム
レベル9 ヘルフレイムエンペラー
レベル10 幻魔皇ラビエル
レベル11 ゲート・ガーディアン
レベル12 ユベル-Das Extreme Trauring Drachen

手札いっぱいあるのに使わない理由ここにあり。事故るはこれ。といか10と11はユベル使えよ。召喚神は比較画像無いんで推測で。ただ特徴自体は一致してるかな。羽根あるし。

終わりだ。全てを終わりにする事で君の全ての愛を独り占めにできる。ユベルの言葉に対し初めて肯定する十代。その瞬間超爆発の前兆がなくなる。そして十代は言う。超融合するのは十二の次元じゃない。俺とお前の魂だ。超融合にカウンターは効かない。しかしチェーン・マテリアルなら有効。十代の最後に仕掛けた罠、スピリチュアル・フュージョン。

スピリチュアル・フュージョン
通常罠
このターン相手が融合召喚する場合、自分は相手の融合デッキとカード効果によって決められた融合素材を選択する手札、デッキ、フィールド、墓地を確認し、融合モンスターを選択する事ができる。

こんなもんかな。無理やりにでもOCG化すると。まず使えそうにないカードだな。だがイラストはいい。フェザーマン・バーストレディ、ワイルドマン、そのE-HERO体。どちらを選択するかというイラスト。

この効果により二人の魂を融合させようとする。形式的にはネオスとユベル。しかしこの世界では願えば実現できる世界。悲しい旅路は終点に着いた。もう終わりにしようユベル。囁く十代。ユベルを歪めた光の波動を覇王の力で追い払いそのまま覇王がユベルに乗り移る。たとえそれで自分が消えようと十代は構わないという。十代の言葉に泣きそうになるユベル。そして十代はいままでであった大切な仲間思い出す。

入学試験で出会った、翔と三沢。
配属されたレッド寮で出会った、隼人とファラオ
決闘を通して出会った、明日香、万丈目、吹雪さん、レイ、剣山、エドそしてカイザー
指導者として出会った、クロノス先生、大徳寺先生、鮫島校長
留学生として出会った、ヨハン、ジム、オブライエン

超融合の効果発動。二人の魂を融合。ユベルは感じる。二つの魂は一つとなって決して離れる事は無いんだね。僕は今君の愛と力に包まれている。ともに戦おう宇宙を破滅に導く光の波動と。二人はいずこかへ飛び立つ。

それと同時翔たちも元の次元に。しかしそこには十代はおらず翔の涙があった。

斜め上の垂直上をいく超展開。ありえねと思いつつもそれに慣れてる自分が恐ろしい。しかし感動した。大徳寺先生やらファラオとかだしてるあたりも芸が細かい。しかしGXはどうなるんだろうか。とりあえず4期確定してるけど。
スポンサーサイト

<< TURN-155 デュエルまとめ | ホーム | TURN-154 デュエルまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。