プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25話 フォーチュンカップ ファイナル!孤高のキング ジャック・アトラス

遊戯王5D’s感想。
キングに必要な事。

決勝戦も終わり次はいよいよキングとの決闘。
そのころ人質として取られたサテライト組は窓のない空間に。
アキは輝く痣と共にディヴァインと退場。
遊星は消えない痣に驚く。
そしてレクスはその状況にご満悦。
これからいったい何が始まるのか。

遊星は素早く仲間たちの所に。
フィールドの下から駆け上がってきたけど下から入れるような場所ってあったっけ?
まあその後下に戻るあたりあるんだろうけど。
シグナーが四人いる、この状況でシグナー同士が決闘するのは危険。
だから早く会場から去るんだとみんなに言う。
そして素早くレクスの元へ急ぐ遊星。

氷室さん達はじいさんの言葉と共に会場を後にしようとする。
しかしそこにイェーガーが。
腕づくでも通ろうとする氷室さん。
けれど人質をちらつかされ何もできない。
結局客席に戻るはめに。

遊星はレクスの部屋に。
ガードがいるが昇竜拳w
というかリアルファイトかよw
さすが出身地があれなだけにそういうたしなみもあるんですねw
というかそれくらいできないとバイクを操れないんだろw

レクスに意見を進言する牛尾さん。
お久しぶりです。
何かに取りつかれている、けが人もいる、大会は中止すべきともっともな意見を進言する。
まあ参加者が犯罪者(遊星)、魔女(アキ)、犯罪者(ボマー)、入れ換わり(龍亜、龍可)、ひき逃げ、入れ換わり、静止無視、(ムクロ)、ロリコン疑惑(フランク)、ストーカー疑惑(来宮)、銃刀法違反疑惑(ジル)ですからねw
まともな人がだれ一人いないw
まあジルくらいですかね、剣が本物でなく演出のものだと考えれば。
しかしレクスは面目のためにもそれを拒否。
真の意図は別なところにあるけど。

貴様の面目などどうでもいい。
乱入する遊星。
とりあえずはずしてくれと牛尾さん強制連行。
そしてレクスに真意を問う。
その答えにジャックが答える。
竜の痣。

レクスの目的はシティにシグナーを集めること。
そのためにキングとして利用されてきたとジャックは言う。
本当に求められるキングこそジャックの望むキング。
形だけのキングなど不要。
二年前レクスの誘いでシティにきたジャック。
しかしその真の目的は遊星とジャックは言う。

レクスはそれをあっさり否定。
それならば初めから遊星を狙えばいい。
しかしジャックにはわかっている。
遊星は誰の誘いも受けないことに。
だからこそサテライトを抜けるきっかけを与えた。

二年前。
チンピラに追いかけられるラリー。
それを助けたのはジャック。
相変わらずカード投げが強力な世界だな。
このフィールドではジャックがキング。
領内に入ってくるならば容赦はしない。
チンピラをソリッドビジョンで脅し一蹴。
そしてラリーの一瞬のすきをついて姿をくらます。

助けられたお礼をしに劇場に足を運ぶラリー。
あくまでキングの領を守っただけとジャックは言う。
ラリーはなにかできないかと遊星のD・ホイールの話を切り出す。
しかしジャックは関心を示さない。
ラリーは願う、前みたいにみんなと決闘をしようよ、と。
けれどジャックはそれを否定。

ジャックは言う。俺は遊星と違う、ただ違うんだと。
時間軸的には2話の決闘後の状況みたいだね。
サテライトのキングを名乗るジャックはあの後から交流をたった見たい。
おそらく4話のD・ホイールとスターダストを見ていた時から何か別なものを感じ始めたんだろうな。
あらからさらにD・ホイールが進化して次の日の試験走行って感じかな。
ラリーは言う。
仲よくして欲しい、二人ともサテライトの希望の星なんだから。
けれどジャックはやはり無反応。
何がどう言う意味で希望なんだろうな。

ラリーが去った後夜。
寝ているジャックのところにイェーガーが現れる。
それはシティへの招待状。
シティの発展と治安維持のためには象徴となるキングが必要。
時間は夕方五時から一時間。

けれどそのパスポートに必要なのがレッド・デーモンズとスターダスト。
もちろんスターダストはキングの手元にない。
チャンスは一度。
スラムのキングか、シティのキングか。
スラムを象徴するかのごとく近付くゴキブリ。
イェーガーが消えた後それを踏みつぶす。
キングがとる行動は・・・

ラリーを呼び出すジャック。
ここを抜け出すためにはラリーの協力が必要。
抜け出す方法があることに驚きながらも何でも言ってと協力的なラリー。
もしかしたらここというのはキングのフィールドという程度にしか思っていないのかも知らない。
そうか・・・そう呟くジャック。

遊星のアジト。
最終調整をする遊星。
ラリーが来ないこと、ジャックのところに出入りしてることをこうもりだのと思い思いに口にする周り。
その言葉をラリーの自由だと一蹴する。
基本的には心配しないたちだよね、無事ならば。
そこにジャックからの通信。
どうやってるのかは気になるがラリーがさらわれたということ。
急いで探しに行く面々。

D・ホイールに乗る遊星に再び通信が。
ジャックからラリーが見つかったとのこと。
急いで港に急ぐ遊星。
そこには小舟の中に縛られて見動く出来ないラリーの姿が。
沖に流されても転覆しても一巻の終わり。
どうしてこんなことに、遊星は思わず言葉にする。

その言葉にジャックは答える。
お前には本当のことを告げておくと。
俺がやった。
そしてシティへの誘い、そのパスポートのこともすべて話す。
遊星へ自身がシティへ行ける可能性をちらつかせつつ選択を迫る。
ジャックと戦うか、カードを置いてラリーを助けに行くか。
上着を脱ぎ一直線へラリーの元へ行く遊星。
そしてジャックは足としてD・ホイールを奪いシティへ。

カードではなく友を選んだ遊星。
遊星とは違うキングへの道を目指したジャック。
お前とは違う、というところが引っ掛かるな。
ジャックからすればスターダストは不必要なカード。
決闘で使うわけでもなし、だからこそレクスの狙いが遊星と思ったのかな。
というか遊星の生い立ちが不明なのがあれだよな。
謎を広げている。

今となってはそんなことはどうでもいい、振り返ることをやめるジャック。
人質を解放しろ、遊星に枷など必要ない。
道化の報酬としてそれくらいは払ってもよかろう。
自分の立場を意識した上での言葉。
それをレクスはキングの意地という。
二度と負けないと言う不退転の意味に取っているのか、それとも道化のキングとしての言葉として取っているのか。

解放されるサテライト組。
どうやら見た目はサテライトの一角みたいだが。
都合よく動くテレビが一台。
遊星のマーカーに驚くみんな。
それ以上に遊星VSジャックの決闘。

控室のジャック。
ジャックに対して狭霧さんは余計なこととわかりつつ、本当のキングだと信じていると言葉をかける。
知れたことを、デュエルフィールドにつくジャック。
どちらが真のキングの証をもつものなのか。
そして赤き竜が現れるのか。
竜の痣は5つ、もう一人はどこにいるのか。
それぞれの思いを交錯させ今決闘が始まる。

フィールド魔法スピード・ワールドセットオン。
ライディングデュエル、アクセラレーション!
遊星のターン、シールド・ウィングを守備表示で召喚。
さらに2枚セットしターンエンド。

ジャックのターン、ツイン・ブレイカーを召喚。
前回と同様貫通ダメージで700のダメージを与える。
貴様が守備モンスターを呼ぶことなど読めている、キングの決闘は常に相手の一歩先を行くものだ、豪語するジャック。
しかしシールド・ウィングの効果で肝心のモンスター破壊は防がれている。
おろかものが!キングが叫ぶ。
ツイン・ブレイカーの効果発動。

ツイン・ブレイカー
闇・星4・戦士・ATK1600・DEF1000
このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、続けてもう1度だけ攻撃する事が出来る。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が上回っていた場合、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

強力なモンスターだな。
たぶんOCG化したら直接攻撃不可ぐらいにはなるんだろうな。
キングの中でも俺のようなキングは二歩先をいく!
ダブルアクトソードっていってるのかな?
さらに遊星に700のダメージ。
カードを1枚伏せてターンエンド。

ジャックの手札には決着にふさわしいカードがすでに眠っている。
それはジ・エンド・オブ・ストーム。
この前は実質この破壊効果が結果的に遊星の逆転の一手を発動させてしまった。
この決闘でキングの誇りを見せてやろう。
今回はいかように操るのか。

遊星のターン。
ドローカードは発動していれば決め手となったメテオ・ストリーム。
カードたちが出す答えは一体。
ジャンク・シンクロン召喚。
久々に効果は使わず前と同じターンでチューニング。
シールド・ウィングにジャンク・シンクロンをチューニング。
集いし星が新たな力を呼び起こす!光指す道となれ!
シンクロ召喚!いでよ、ジャンク・ウォリアー!
スクラップ・フィスト!
ツイン・ブレイカーは破壊され700ダメージ。
さらに追撃の罠を発動。

シンクロ・ブラスト
永続罠
自分フィールド上に存在するシンクロモンスターが攻撃をする度に、相手に500ポイントダメージを与える。

シンクロメインならそれなりのダメージは稼げる。
ただしこのカードが入るスペースがあるかが問題。
ジャックにさらに500ダメージ。
やるようになったものだ、ジャックは言う。

ジャックのターン。
チューナーモンスターダーク・リペアラー召喚。
さらに強化蘇生発動。

強化蘇生
永続罠
自分の墓地に存在するレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚し、このカードを装備する。装備モンスターのレベルを1つ上げ、攻撃力・守備力は100ポイントアップする。このカードがフィールド上を離れた時、装備モンスターを破壊する。自分のスタンバイフェイズ毎に自分は1000ポイントダメージを受ける。

永続罠を装備カードのするのが大好き5D’s。
強力な蘇生だな。
氷室さんの予想が砕かれるさまがなんとも。
まじかってマジですよw
凡人どもよ心に刻め!キングオブキングの三歩先を行く決闘を!
ツイン・ブレイカーにダーク・リペアラーをチューニング!
王者の鼓動今ここに列を成す!天地鳴動の力を見るがいい!
シンクロ召喚!我が魂、レッド・デーモンズ・ドラゴン!

ジャックはキングになるためにすべてを捨てた。
しかし遊星はなにも捨てずに今同じ道を歩もうとしている。
ジャックにとってはそれが許せないこと。
嫉妬といえば簡単。
けれどそれでは片付けられない感情がある、思いがある。
ジャンク・ウォリアーVSレッド・デーモンズ・ドラゴン。
決着はどうなるのか。

スポンサーサイト

<< 第25話 デュエルまとめ | ホーム | 門前払い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。