プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18話 古の森 精霊世界への誘い

遊戯王5D’s感想。
心のうちに存在するもの。

人と会うイェーガー。
その人とは刺客の一人。
冷静沈着といわれるその人の決闘スタイルとは。

遊星の二回戦決定が決まりうかれるみんな。
ここで敗者復活戦の知らせが。
数が合うのかよ・・・
龍亞はまた遊星と対戦できると浮かれていたが、元に戻った二人に対して当然スポットライトは龍可に。
ランダムに選ばれた一組による対戦。
そのコールと期待感から入れ替わる暇なく龍可が出る事に。

決闘をすると疲れると言う龍可。
けれど遊星と戦いたい龍亞のためにしぶしぶ出る事に。
龍可のデッキは妖精の声を聞いて作った妖精デッキ。
龍可にはデュエルモンスターズの妖精の声が聞こえる。
その声に従って作ったデッキ。
けれど声を聞くことは相当疲れるため、あまり決闘をしたがらないという事。
つまり無意識で聞こえ疲れないGX組は何者?

この試合は龍可がシグナ-の確証を得るための舞台。
レクスがジャックに説明する。
阿久津は相変わらず阿久津だな。
8年前、龍可が三歳の時彼女は天才決闘者だった。
しかしある時、決闘中に倒れ昏睡状態、一か月意識が戻らなかった。
しかし一か月龍亞の懸命な呼びかけで意識は回復、無事に生活できるようになった。
目覚めた彼女はデュエルモンスターズの精霊世界に行っていたという。
デュエルモンスターズの起源の多くは謎に包まれている。
GXであれほど散々やったにもかかわらず。
けれど意識が目覚めた龍可の発言は研究者の一部の理論と一致するものがある。
そして星の民の伝説にも。

八年の時を経て昔の記憶は残ってない。
ならばもう一度。
そんな思惑が渦巻くフィールドに龍可が立つ。
デュエルディスクの使いやすさに驚く龍可。
遊星に感謝しているところに対戦相手が出てくる。
デュエルカウンセラーに異名を持つフランク。
そもそもデュエルカウンセラーってなんだ。
深層意識に眠る本当のあなたを見つけましょう、こんな事を言うフランク。
もちろん怪しさしかないわけで。
妖精の声も嫌な感じがするとささやいている。

決闘。
龍可のターン。サニー・ピクシーを守備表示で召喚。ターン終了。
フランクのターン。L⇔R(シンメトリー)ロールシャッハー召喚。
また☆と同様不思議な名前だな。
ロールシャッハーテストをモチーフしたモンスター。
シンメトリーという名は左右が対象だから。
如何様にも見えるこの形で相手の不安、心配、問題などを解き明かす手掛かりを得る心理テストと説明するフランカ。
なんかやったことあるようなないような。
何に見えるか、そう問うフランク。
決闘中にこんなことされても戸惑うだけで。
後矢薙のじいさん自重w水晶ドクロって。

龍可が見えたものそれは妖精。
スパイラルマインド。
サニー・ピクシーの形かを模したそれはいきなり形をかえ龍可のモンスターを破壊する。
心の奥底で恐れているものをあらわにするテスト。
普段聞いている妖精の声に不安を抱えている、暗にそんな指摘をされ戸惑う龍可。
しかしフランクは悩みを解き明かし、解放してあげましょうという。
そしてそのためにも勇気を持ってあなたの意識に潜むもう一つの世界、デュエルモンスターズの精霊世界に旅立ってもらうという。
そんな世界があるなんて、龍可は驚く。
まあ普通は突拍子の無い言葉だからな。
戦闘破壊したことでシンメトリーロールシャッハーの効果発動。

L⇔Rロールシャッハー
光・星3・魔法使い・ATK1200・DEF1200
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した時、相手のデッキの1番上のカードを表向きにする事ができる。

微妙なピーピング効果。
ピーピングマインド、あらわになったカードはクリボン。
精霊の声を聞こえる事を指摘されて戸惑う龍可。
そしてかすかに蘇る8年前の記憶。
不安を抱えたまま龍可のターン。
クリボンを召喚。
しかしその召喚に連動して罠が発動。

深層へと導く光
通常罠
相手が光属性モンスターを召喚・特殊召喚した時に発動する事ができる。相手のデッキの上からカードを5枚墓地に送る。その後相手プレイヤーはデッキの一番上のカードお互いに確認し手札に加える。この効果で手札に加えたカードをこのターンプレイしなかった場合、エンドフェイズ時に相手プレイヤーは2000ポイントダメージを受ける。

少々効果が限定的すぎるな。2000ダメージにデッキ破壊だが。
相手に1枚ドローを与えるし。
龍可が送ったカードは妖精王オベロン、光の護封剣と残り3枚。
放たれた光によって意識がここから失われて行く龍可。
引いたカードはフィールド魔法、古の森。

古の森
フィールド魔法
発動時、フィールド上に存在する全てにモンスターは全て攻撃表示になる(この時リバース効果は発動しない)。このカードが表側表示で存在する限りモンスターを守備表示で通常召喚、特殊召喚する事はできない。また守備表示に変更する事はできない。攻撃を行ったモンスターは、バトルフェイズ終了時破壊される。

なかなか面白いカード。
守備表示でモンスターを特殊召喚するカードも封じる事ができるな。
全てをあからさまにし、争う事も許されない。
そして龍可の意識はデュエルモンスターズの精霊世界に。
クリボンと会う、龍可。
こうしてみると手がないだけで違和感があるな。
穏やかな場所のはずなのに感じる恐怖。いったい何なのか。

フランクのターン。
龍可の意識が深層意識に届いたとしても決闘は続けられる。
永続罠発動。

ゲシュタルト・トラップ
永続罠
発動後このカードは装備カードとなり、相手モンスター1体に装備する。装備モンスターの効果を無効化し、攻撃力・守備力を0にする。

無駄に強いカードだな、おい。
名前はゲシュタルト心理学のゲシュタルト。
クリボンに装備される。
そしてその影響は精霊世界にも及ぶ。
さらに装備魔法を発動。

不死のホメオスタシス
装備魔法
このカードを装備している限り、装備モンスターは戦闘によっては破壊されない(ダメージ計算は適用する)。自分のスタンバイフェイズ時に装備モンスターの攻撃力が元々の攻撃力と違う場合、装備モンスターのコントローラーは300ポイントダメージを受ける。

ミスト・ボディがあるのにこの効果。
しかもダメージ条件が少し厳しい。
ちなみにホメオスタシスも探せばひっかるものです。
さらにフランクのターンは続く。
シンメトリーロールシャッハーをリリース。
超魔神イドをアドバンス召喚。

超魔神イド
闇・星6・悪魔・ATK2200・DEF800
このカードが表側表示で自分フィールド上に存在する限り、このカードを除く自分フィールド上のモンスターは全て破壊される。このカードは破壊されたターンのエンドフェイズ時、墓地に存在するこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

ウルトラレア表記。
効果は面白いがなんか物足りないな。とりあえずうざい。
フィールドの変化はそのまま精霊界の異変へ。
龍可は立ちふさがるイドの前にピンチに陥る。
しかし現実世界ではそんな事に何一つ気づく人はいない。
ただ集中力を欠いている、そんな風にとられているだけ。
だがそんな観客席にも変化が、龍亞もボーとしている。

バイオメントエゴイズム。
クリボンにイドの攻撃が炸裂。2200のダメージ。
精霊世界の痛みはどんな痛みなのか。
痛み、恐怖、その中から思い出されるべき真の指名。
それは一体何なのか。
攻撃したことにより古の森の効果発動。イドは破壊。
しかしイドはその効果により復活。
龍可のターン。
不死のホメオスタシスの効果で300ダメージ。
サンライト・ユニコーン召喚。
さらに一角獣のホーンを発動。また懐かしいカードを。
攻撃力は2500、イドを上回る。

龍可、龍可。
龍可を呼ぶ声。
約束を守りに来てくれたんだね。
デュエルモンスターズ界を悪なるものから守ってくれると。
8年前いったい何があったのか。

スポンサーサイト

<< 第18話 デュエルまとめ | ホーム | 第17話 デュエルまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。