プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-151 ネオスVSアドバンスド宝玉獣

遊戯王GX感想。
いろいろ感動。

ユベル「ちょうど今ビンテージものの心の闇をごちそうになってね。」

いきなりこんなセリフガキにわかるか。

ユベル「いい表情だよ。疑念、憎悪、殺意。まさに覇王たる高みに達したお前にふさわしい。」

えと、子供向け番組ですよね。これ。
ユベルはそんなこと関係なくヨハンのふりして話し続けるわけですが。もちろん十代にはばればれ。148話で待てユベルといわれながらするあたり、ユベルはものすごい演技派だと思う。

しかし会話がもう凄い方向に・・・お互い傷つけ合おうとかさ。まあそんな事はほっといて決闘をすればどちらかが死んでしまう。どうすればいいのかと苦悩する十代の前に現れたのはデッキに眠る仲間たちだった。

ちなみにその場にいたモンスターの一覧
フェザーマン、バーストレディ、クレイマン、スパークマン、バブルマン、フレイム・ウイングマン、ネオス、アクア・ドルフィン、エア・ハミングバード、グラン・モール、グローモス、ヒーロー・キッズ、カードガンナー、ハネクリボー

フレア・スカラベとブラックパンサー涙目。OPにいるのに出てこれないって。

ネオスが語る十代、それはどんな時でもひたむきにまっすぐに決闘をする太陽のような戦士。こうしてみるとやっぱOPもEDもきちんと考えられてるんだなと思う。

アクア・ドルフィンが言う。ネオスペースを救ってくれた純真な力があるなら、本物の十代なら友を救えるはずだと。再びネオスが言う。いままで決闘によってどんな困難も乗り越えてきた。今こそ決闘の力を信じるんだと。そして十代は思い出す。ヨハンが決闘をする理由。そして十代は決心する。ヨハンの言うとおり決闘で世界が救えるなら、三沢の言うとおり強い願いによってこの世界に奇跡が起こせるというならば。そしてデュエルディスクをつけた腕を高く突き上げ叫ぶ。頼むみんな。ヨハンを助けるために力を貸してくれ、と。

なんか久々に熱い十代を見たな。こういう展開は王道だけどやっぱいいよね。ありがとう、オレのヒーロー達ってちゃんと礼も言ってるし。しかし直後にユベルが僕という存在がいながらというあたりもさすが。

というかユベルは精神攻撃の方がひどいな。命をかけて取り戻そうとした大切な友達を傷つける、それでこそ僕の十代とか。

ユベルの先攻。フィールド魔法アドバンスド・ダークをさっそく発動。そしていままでまともな出番を与えられてなかったコバルト・イーグル召喚。すっかりグレちゃって可哀そうに(違)

十代のターン。ドローしたカードは・・・融合。十代を決闘の高みへと導いたキーカード。カイザーが教えてくれた真の決闘者としての至高の輝き。それにこたえるために融合を発動する。消えって行った仲間たちの苦しみ、悲しみ、憎しみ、それらを逃げ出すことなく、迷うことなく全てを受け止めて。

十代「出でよ、マイフェイバリットモンスター!E・HERO フレイム・ウイングマン!!」

このシーンにめちゃ感動。ちゃんと1話から見続けた人だしね。マイフェイバリットと聞くだけでなんかすっごく嬉しい。十代もすごくかっこいいし。

しかしその直後ネオスの提案をうけて

人 間 魚 雷

ヨハンの心に飛び込んで行きました。久々にフレイムシュートを聞いた余韻を感じる暇フレイム・ウイングマンがはじめてしゃべった感動を味わう暇もねえよ。ちなみに声はいかにもモンスターでした。

ヨハンの心、しかしそこは空っぽだった。ヨハンはどこに。十代が感じたヨハンが眠る場所、それは決闘者の魂が宿るデッキ。そしてその中に眠るあるカードだと推測する。結局戦闘の方はアドバンスド・ダークにより戦闘ダメージは無効、さらに宝玉獣の効果で墓地に行かなかっためフレイム・ウイングマンの効果は使えず。十代は一枚伏せターンエンド。

十代の本気にユベルは言う。親友とはこれだけ傷つけ合えるのにどうしてもっと自分にはしてくれなかったのかと。十代は何も言わない。ユベルは十代に対し自分の思いをわからせるためにカードをドローする。サファイア・ペガサスを召喚。その効果によりルビー・カーバンクルを。そしてルビーの効果によりルビーとイーグルを召喚。そして宝玉の解放によりペガサスは2600に。フレイム・ウイングマン破壊されライフも1800に。ユベルのターンは終了。

ユベルは十代に語りかける。これで分かったろ。世界で一番君を愛してるのはこの僕だと。たいして十代は少しの笑いの後この程度じゃやられないと言う。しかしその顔には笑みがある。クロノス先生は傷つけ合う決闘を楽しんでいるのかと心配する。しかし翔は擬の玉が浮き出て覇王を思い出しそんなことはないとつぶやく。そういえば擬の玉っていつになったら消えるんだろ。

十代の笑みはあるカードの召喚条件が満たしつつあることにあった。十代のターン、グラン・モール召喚。そしてコモン・サクリファイス発動。

コモン・サクリファイス
通常罠
相手フィールド上に3体以上モンスターが存在する時、自分のメインフェイズに発動する事ができる。相手フィールド上のモンスターを攻撃力が低い順に墓地に送り、手札からレベル7以上のモンスターを1体特殊召喚する。

コモンとついてたからてっきりネオスペーシアン関係かと思った。まあ発動条件結構厳しいなこれ。これでネオスを召喚。グラン・モールの攻撃。ドリルモール!!ついに唯一効果名も技名もなかったモグラに技名がついた!おめでとう!そして久々にまともに使われておめでとう。でもペガサスは普通は戦闘破壊しておいた方がいいんだけどね。でもそれが十代の狙い。ユベルは宝玉の解放の効果によりアンバーの宝玉を出す。そしてネオスでダイレクトアタック・・・といきたいとこだがヨハンの体を傷つける事にためらいを覚える十代。しかしネオスは言う。たとえリスクを冒してでも真の苦しみから解放させなければならないと。ヒーロー故の非情さか、戦いから学んだ経験かそれはわからないが「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。まさにこれ。しかしネオス。一回転してラス・オブ・ネオスはねえだろ。ただ殴りたいだけだろあんた。カードを一枚セットし十代のターンは終了。

ダイレクトアッタクを受けたユベルは言う。大切なものを簡単に傷つける事ができるなんてやはり覇王だと。僕のあこがれた遊城十代だと。という事はユベルはなんでも傷つける事ができる覇王という一面にあこがれていたという事か。それがユベルにとっての間から。

ユベルのターン。さっきのターンに戻されたペガサスによりアメジストを、そして宝玉の導きによりトパーズを召喚。墓地と場合わせて7体のA宝玉獣。現れるは黒き虹、レインボー・ダーク・ドラゴン。十代は直感で悟る。かつてヨハンが探し求めたカード。魂を封じ込めれるカードはこれしかないと。しかしヨハンに呼び掛けるも返事はない。それどころかネオスが破壊されライフが300に。

その時ヨハンの声が聞こえる。そこにいる。十代は再び立ち上がる。しかし場にはまだA宝玉獣が2体。どうなる次週。

ちょっと雑記。A宝玉獣で一番かわいそうなのは場に出れなかったエメラルド・タートルだと思う。あと46話といい104話といいここ一番は300が多いよな。

というか次回予告ネタバレすぎ
スポンサーサイト

<< TURN-151 デュエルまとめ | ホーム | EDに出てくるカード達(十代編) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。