プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話 デッキ0 チェーントラップのループを破れ

遊戯王5D’s感想。
ただあるという事の意味。

電流を身に受ける遊星。
それを見るのは囚人と無数の監視カメラ。
遊星のターン。悪夢の鉄檻発動。
なんか囚人とその環境をイメージしたデッキに思えてきた。
トライホーンと書いたけど。
リビングデッドの呼び声をセットしてターンエンド。

鷹栖のターン。戦闘ダメージを与えられない鷹栖は再びC・スネーク召喚。
さらにC・リペアラーの効果によりC・スネーク復活。
そして2枚の永続魔法を発動。

ポイズン・チェーン
永続魔法
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する「C」と名のついたモンスターのレベルの合計分相手のデッキのカードを上から墓地に送る。この効果を発動したターン、自分は攻撃する事はできない

モンスターさえそろえばいいデッキ破壊。
Cのレベルは10のため10枚墓地に。

カオスライダー グスタフ
御隠居の猛毒薬
悪夢の拷問部屋
デーモンの斧
体力増強剤スーパーX
墓荒らし
補充要員
闇の呪縛

後2枚わからないorz
モンスターと魔法何だけどな。
さらにその効果に連動してもう一つの永続魔法が効果発動。

パラライズ・チェーン
永続魔法
相手のデッキからカードが墓地に送られるたびに、相手に300ポイントダメージを与える。

これは微妙。電流決闘を楽しむためしか思えない。

一方青山。
時間がぎりぎりのため脱出。
しかし遊星の言葉がひっかかる。
本当の自由。それは仲間を置いて行った先にそれは無い。
遊星のターン。3枚セット。
鷹栖はこのタイミングで速攻魔法を発動。

サイキック・サイクロン
速攻魔法
フィールド上にセットされた魔法・罠カードを魔法か罠か宣言して破壊する。破壊したカードが宣言したカードだった場合、自分はカードを1枚ドローする。破壊したカードが宣言したカードとは違っていた場合、相手がカードを1枚ドローする。

面白いが使いづらいな。セット限定だし。
この効果で砂塵の大竜巻を破壊。
ポイズン・チェーンを破壊する手段を未然に防ぐ鷹栖。
罠はセットターンに発動できないからな。
しかし運がいいとは言うが何かがおかしい。
遊星は相手魔法・罠ゾーンにさらにセットしてターンエンド。

鷹栖のターン。C・シューター召喚。レベルは2。
そしてポイズン・チェーン効果発動。12枚墓地へ。

白い泥棒
ザ・チョップマン
盗人ゴブリン
盗賊の七つ道具
魅惑の怪盗
バックファイア
盗賊の極意
サンド・ギャンブラー
ギャンブル
忍者義賊ゴエゴエ
あまのじゃくの呪い
不意打ち又佐

そして効果に連動して300ダメージ。
C・シューターの効果でさらに1ターン1度Cモンスターを墓地に送り800ダメージ。
そしてリペアラーでスネークを蘇生。
遊星は満身創痍。今なら負けを認めてやると鷹栖。
しかし言いたい事はそれだけか。遊星は強気で返す。
というか今回の主人公はマジで熱いな。クールって設定だけど。

ここで突然の停電。しかし特に何もなく復旧。
しかし遊星は青山が脱出に成功したことに気づく。
そして遊星は青山のために時間稼ぎとしてもっと鷹栖と長く決闘することを決意する。
遊星は強欲な瓶発動。1枚ドロー。しかし残りデッキは4枚。
そしてリビングデッドの呼び声発動。ザ・キックマン蘇生。
その効果により墓地に存在するデーモンの斧装備。
どう考えてもトライホーン・ドラゴンの方が強いです。
しかし墓地に無限の可能性とは言ってくれる。
実際墓地はたまればたまるほど可能性は広がるしね。
墓地というのは何かしらの行動の積み重ね。
過程であったり、行動の結果であったり。
今回は他人がいらないと捨てられたものにも可能性は残っているという結果が引き起こした一手。

さらに遊星はならず者傭兵部隊を召喚。
バトル。ザ・キックマンでC・スネークを攻撃。
1500のダメージに連動して叫び声。
本来電流が流れないはずの鷹栖が叫ぶ必要はまったくないはず。
ならず者傭兵部隊の攻撃。鷹栖は待ったをかけるが攻撃は止まらない。
2度目の叫び。遊星も何かしらの異常を感じる。
その答は鷹栖自身から。電流が流れている。
そしてそれと同時に電子制御室で侵入者を確保。
どうやら電流が流れるようになったのは侵入者のおかげらしい。
その侵入者の正体は青山。
すでに脱出したものだと思っていた遊星は驚く。
制御盤が破壊されこの電流が止められない事に激怒する鷹栖。
次はお前を殺してやる。
そんな言葉を投げられても平然と立っている青山。
なぜなら遊星の勝ちを確信しているから。

遊星は問う。なぜ戻ってきた。
それは遊星自身が前に答えている。
仲間を見捨てたらそれは心の足かせになる。それは本当の自由じゃないと。
たとえ知りあって1日そこらといえどこちらが好意を持って近づき、そいつの思いを聞き、そしてみんなのために決闘をしている遊星を見た。
たったそれだけでもおいていけない存在。それが遊星。

青山の行動に遊星はこの決闘に新たな条件を加える事を提示する。
それは勝ったら青山の脱走を見逃す事。
鷹栖は負けたら遊星の道連れにする事でそれを許可する。
決闘続行。
ならず者傭兵部隊リリースしC・リペアラー破壊。
鷹栖のターン。ドローカードは抹殺の使徒。
5D’sでは裏守備で出す事が多いのか?
しかし鷹栖は余裕。なぜなら伏せカードがわかっているから。
無数の監視カメラこそ鷹栖の目。
リバースは強制戦闘のバトルマニアと使えない挑発。

バトルマニア
通常罠
相手フィールド上にモンスターが存在する場合、相手ターンに発動する事ができる。このターン相手は必ずバトルフェイズを行い、モンスターで攻撃を行わなければならない。

たぶんこの後戦闘を行わなかった場合の制約が入る。
もうちょっと画質がいいならわかるんだろうけど。
DVD欲しいな。出ても買う金ないけど
バトルマニアを発動されたら不利。
そこでリロードでもう一度ドロー。
ドローカードはサイクロン。これで挑発を破壊。
挑発?左側に伏せられたのはバトルマニアのはず。
おそらく停電の時にすり替えたとの監視員の推測。
すり替えはマップ形のモンスターがいるからやってはいけない事なんだろうがまあ相手が確認してない時にすり替えたから本来はわからないはずの二択で確率的には変わらないから問題ないとも考えれるな。
効果適用のためのカードの配置自体は変わってないし。

しかし鷹栖はもう一つ手を残していた。
チューナーモンスターC・コイル召喚。
シンクロ召喚、レベル6C・ドラゴン。

C・ドラゴン
?・星6・ドラゴン・ATK2500・DEF????
C・コイル(?)+チューナー以外のモンスター1体以上
墓地に存在する「C」と名のついたカードを除外する。このターンのエンドフェイズ時まで除外した枚数×200ポイント攻撃力がアップする。このカードが攻撃した時、相手はデッキの上からカードを3枚墓地に送る。

とりあえず2700までなる事ができるな。
1ターンの間と言うのがネックだな。
純粋なパワーはゴヨウ・ガーディアンがいるしな。
攻撃力3500。しかし遊星には動揺がない。眼中にないのか。
チェーンブラスト。1200の戦闘ダメージに連動して遊星に電流が走る。
そこの電源は切ってないのね。
C・ドラゴンの効果によりさらにカードが墓地へ。
ヤランゾ以外わからねえ。

遊星のターン、ドロー。
デッキは残り0枚。ライフは100。手札は1枚。場にカードはなし。
まさに極状態。鷹栖は勝利を確信する。
しかしそこにはあるはずのない1枚が。
いや、今まであるべきはずだった1枚と言うのが正しいか。
停電時にドローしたカード。それを監視カメラから逃れるため隠していた。
手札枚数は公開情報ですけどね。
まあ尋ねられなきゃ手札は全部重ねて1枚のようにプレイしても問題はないはず。
そんなのルールで読んだことはないし。
瓦礫の王召喚。

瓦礫の王
地・星1・岩石・ATK0・DEF0
自分の墓地にカードが30枚以上存在する時、手札から罠カードを発動する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

条件が厳しいが面白いカードだな。
相手ターンでも手札から行けるのか?
そして遊星は残骸爆破を発動。
この効果は墓地に30枚以上ある時3000ポイントのダメージを与える。
不要なカードは無い。遊星自身言った。
破壊されリリースされることに全て意味がある。
そしてこの場においては墓地に送られる事に意味がある。
使われなくとも存在するだけで役に立つ。
いやその存在する事を必要とされている。
だから不要なものは何一つない。そいう事を遊星は伝えたかったのかな?

遊星の勝利。
しかしその勝利に浸る暇もなく鷹栖は遊星の捕縛を命ずる。
今まで散々無視した。だから今回も無視するのは当たり前。
ある意味わかりきった結果。
しかしなぜかレクスがここで制止をかける。
なぜここにいるのか。
一番の謎はともかく鷹栖は所長を首、そして遊星達はすぐに出られることに。

一か月たったのかどうか疑問だがたぶんレクスが特別な取り計らいをしてくれたんだろうな。
矢薙の爺さんがすぐに出られるらしいと喜んでいたという事は人気が縮まったという事に他ならないし。
そして出所直前矢薙の爺さんからトーテムポールのカードを受け取る。
大切なカードの一枚。けれど遊星の決闘者としての腕前を見たからには単純に強いこのカードは受け取って欲しい。
そしてもっと強くなってほしい。そういう気持ちが込められてるように思える。
そして氷室さんからは大牛鬼。もちろん決闘じゃ使えない。
これは招待状。ダウンタウンのブートと言う店に斎賀という男がいるらしい。
いろいろ手を貸してくれるという事。

セキュリティー。
遊星を野放しにする事を懸念するイェーガー。
対してシグナーとして覚醒しない遊星に対して次なる一手を打ちだすことを明言するレクス。
その反応に罠を張る事が必要とイェーガーが不敵に笑う。

二人に礼をし出所日。
それを陰から見守るのは顔に傷を負った牛尾。
次回ライディングデュエル!

スポンサーサイト

<< 第10話 デュエルまとめ | ホーム | 第9話 デュエルまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。