プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9話 カードにかける思い 仕組まれたライトニング・デスマッチ

遊戯王5D’s感想。
決闘者がカードに託す思い。

収容場所が変わる遊星。
青山と言う青年と一緒の部屋になる。
遊星に好意を見せるが遊星はことごとくスルー。
最終的には黙ってくれないか。
クールなのか?スルースキルって?
シグナーとは何か。遊星の頭の中は今はそれでいっぱい。

矢薙の爺さんに呼ばれ氷室と会う遊星。
どうやらここは長期収容所。普通は重罪人が置かれる場所。
半年は出られないとの事。
けれど不法侵入は軽い刑のはず。
氷室さんも本来はこんなところに入るような罪じゃない。
そしてここでは鷹栖は権力をかざして好き勝手するらしい。

とうの鷹栖は遊星がシグナーという事実、そしてサテライト住人と言う事でご立腹。
監視目的以上にうっぷん晴らしのところが大きいみたいだな。
青山によればここは見せしめのための収容所らしい。
本人も一年閉じ込められている。
だからこそ脱走したい。
明日半年がかりの青山の脱走計画が実地されるらしい。
マーカーもハッキングで無効にして脱出。
なんて言うか遊星もそうだけどみんなハッキングし過ぎ。能力高過ぎ。
遊星は同室と言う事で一緒に脱出する権利を得る。
けれど仲間を大切にする遊星はさらに二人の追加を希望。
青山もそれを承諾するが。
収容所にはほかにもっと人がいるけどいいのか?氷室さんの仲間もいるし。
重罪人が交じるからリスクが上がるといえ遊星が氷室さんだけを逃がす人物とは思えないが。

一方氷室さんのところには鷹栖が。
音楽がGXににているな。
凶器を隠し持っているとの情報があったとか。
もし本当ならずいぶんずさんな管理の収容所だなおい。
鷹栖は氷室さんの服の内ポケットに手を入れると簡単な手品みたいに手の中に隠していたナイフを取り出す。
鷹栖が知りたいのは遊星の情報。
しかしダチは売れないと氷室さんは拒否。
サテライトと仲良くするならかつてプロだろうが関係ない。
氷室さんは鷹栖の怒りを買い徹底的に暴力を浴びる。
その叫びは狭い収容所に木霊する。
連帯責任として一年間の自由時間の没収と部屋からの出入り禁止。

この世に不必要な人間。
この言葉に遊星は反応する。
カード同様存在するからには必要とされる価値がある。
そして氷室さんは本物の決闘者。その心には今はもう企みがあるはずがない。
ならば決闘で決着。
勝てば氷室さんの一件は取り消し、負ければ一生鷹栖の言いなり。
遊星と鷹栖は今夜8時半に決闘する事に。
それは脱出の時間とかぶる。
さらに矢薙の爺さんのデッキが鷹栖によってとられてしまう。

そして氷室さんもデッキを取り上げられている。
なすすべはなく、2人はボロボロ。
青山は自分と二人だけで脱出を提案する。
けれど遊星は拒否。
義理は決闘をしたから。決闘をしたから二人は仲間。
仲間を置いた先に本当の自由は無い。
この言葉はジャックを指しているのか。
それとも遊星自身を指しているのか。
青山には見限り、さらに遊星の態度に他の収容人は話があると呼び出す。
囲まれた遊星、何が起こったのか。

決闘の時間。
青山にはオレにかまうなと声をかけ出ていく。
当たり前だがデッキがなければ決闘はできない。
デッキを持った人物たちは全てカードがとられている。
だが遊星の手にはデッキが。
鷹栖は知らない。決闘者が一枚のカードにどれだけの気持ちを託し大切にするか。

遊星が鷹栖を否定してくれた。
その感謝の気持ち、そして遊星の持つ可能性に全ての決闘者達は肌身離さず持っていた大切なカードを託す。
そして遊星はその気持ちにこたえる。

決闘開始。しかしディスクには変な鎖。そして違和感のある説明。
生き残った者だけがディスクをはずせりとは一体。
遊星のターン。
世紀の大泥棒召喚。
その一枚の召喚だけで周りは沸く。
しかしセオリーを無視した寄せ集めデッキ。どこまで戦えるか。
鷹栖のターン。C・リペアラー召喚。
詳しい能力はwikiを見てください。
世紀の大泥棒を破壊。そして効果発動300のダメージ。
だが通常の決闘ではありえない叫び。
遊星に電流走る。
ライトニングデスマッチ。生きた方がディスクをはずせるのはそういう理由から。
鷹栖は2枚伏せてターンエンド。

遊星のターン。ザ・キックマン召喚。
そしてドーピング発動。攻撃力2000に。
しかし犯罪者モデルのキックマンは誰の大切なカードだ?
ドーピングもすさまじいぞ。
よく考えれば最初の大泥棒もやばくないか?
ザ・キックマンの攻撃。しかし鷹栖も罠を発動する。

ソウル・アンカー
永続罠
「C」と名のついたモンスターを対象に発動する事ができる。発動後、装備カード扱いとなり選択したモンスターに装備する。装備モンスターは戦闘では破壊されない。

よくわからんがたぶんリペアラー専用ではないと踏んでこんなテキスト。
たぶんカード化されると思うので詳しいテキストはそっちで。
ミストボディと違って奇襲性はあるので悪くないかな。
場に残る事で効果を発揮し続けるし。
ダメージは通るが場にはいまだC・リペアラーが。
しかし電撃はダメージが起これば発生。
だが鷹栖の叫びは笑い声に。
電流が走らない。ディスクの故障と言うが明らかに作為。
ディスクが一部壊れていても決闘をするのには困らない。
遊星に不利のまま決闘は続行される。

鷹栖のターン。
C・スネークを召喚。
その効果によりキックマンの装備カードとなり攻撃力800ダウン。
そしてリペアラーでキックマンを攻撃。
遊星に再び電流走る。
そして効果でさらに電流。
遊星はたった1000のダメージでボロボロ。
さらにC・スネークの効果で3枚墓地に。
トライホーン・ドラゴン、団結の力、薄幸の美少女。
今度はだいたい理由はわかる。さっきの犯罪チックよりなカードよりは。
すぐにゴミ溜めに戻してやる。息の根を止めて。
鷹栖の響く笑い声。跪く遊星。いったいどうなるのか。

スポンサーサイト

<< 第9話 デュエルまとめ | ホーム | 第8話 デュエルまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。