プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5話 激突するエースドラゴン!スターダストVSレッド・デーモンズ

遊戯王5D’s感想。
遊戯王はオレが日々生きていくための活力だと改めて実感。

必ず取り返してみせる。というわけで遊星のターン。
レッド・デーモンズのエンドフェイズ効果は無いみたいですね。
でもシールド・ウォリアーとジャンク・ウォリアーを守備にすることしかできない。
1枚伏せてターンエンド。
ジャックのターン。
レッド・デーモンズ・ドラゴンの攻撃、アブソリュートパワーフォース。
技名変わってる、というかアブソリュート好きだな。
レッド・デーモンズの効果で2体のウォリアーは破壊。
キングのステージはこんなものではない!未だ経験しえぬ痛みを受けよ!
本当によくしゃべるキングだ。
スターダストのダイレクトアタック。遊星のライフとスピードが削られる。

遊星のターン。ロードランナー召喚。1枚伏せてターンエンド。
キングの言葉に対し1900の攻撃では破壊されないこの効果はこの場に最もふさわしいという。
そして遊星はジャックが力を誇示すればするほど自分のカード達が力を合せ輝きを増す事を実感する。
ジャックのターン。レッド・デーモンズの攻撃。
戦闘破壊はできなくても効果破壊はできる。効果発動、デモンメテオ。
しかしその効果は遊星の罠に防がれる。

悲劇の引き金
通常罠
「自分フィールド上のモンスターを破壊する効果」が発動した時、その効果を無効にして発動する。相手モンスターを全て破壊する。

しかしその効果はスターダストにより無効。
でも無効にされた時、ロードランナーが破壊されてない事を考えると発動自体に無効効果があると妥当。それだと強すぎるけどね。
というかOCG化してるんだしいくらでもアニメではテキストいじれるから問題ない。
美しく散スターダスト。遊星が知らないはずがない効果。遊星らしからぬミス。
ジャックは2枚伏せてターンエンド。
そしてエンドフェイズにその効果によりスターダストは復活。
第二幕の始まり。しかしそれは遊星の反撃を示すものだった。
ハルモニアの鏡を発動。

ハルモニアの鏡
通常罠
相手がシンクロ召喚以外の方法でシンクロモンスターを特殊召喚した場合に発動する。そのモンスターのコントロールを得る。

強力なメタ。スターダストや蘇生系統を全部無効にできる。
スターダストの効果は元の持ち主がよく知っている。故に罠を張った。
遊星の元で飛翔するスターダスト・ドラゴン。
2体のドラゴンが対峙する中第二幕の開幕。
ここでキングと最後に戦った時の言葉に対して遊星は自身の思いをぶつける。
あえて伏せられた言葉。そこにある答え。
遊星の答えは、それは全てのカードを信じる決闘者の魂。
どのカードの破壊も、リリースも全てに意味があった。だからスターダストはここにいる。
たしかに決闘の流れは全ての事象でできている。破壊があったからこそ別な戦術にシフトするし、無効にされたら場をしのぐ戦術を取る。その全てに意味がある事は同感だね。
対してジャックは大笑いし、道化の役割を果たしているなと言う。
それは答えに辿りけてないことを意味しているのか、それとも答えに辿り着き同じ地平に立って尚自分の方が強いことを意味しているのか。
遊星のターン。ここでスピードスペル発動。

Sp-シルバー・コントレイル
通常魔法
自分のスピードカウンターが?個以上存在すると発動する事ができる。自分フィールド上に存在する風属性モンスター1体の攻撃力を次のバトルフェイズ終了時まで1000ポイントアップする。

テキストがつぶれて読めない。が、限定的すぎてあまり強くはなさそう。
スピードスペルが一体どんな種類のカードがどんだけ存在するかわからないが、その前に遊星の風属性は何体いるのか?
スターダストの攻撃、響け!シューティングソニック!
2体のドラゴンがぶつかり合い、2人に生じる腕のうずき。
そしてモーメントの暴走。この展開は・・・?
シンクロン・リフレクト発動。
これによりフィールド上で最も攻撃力の低いモンスターを破壊。
ロードランナーは破壊される。
スターダストの効果は使ってしまったら元々のコントローラーであるジャックの場で蘇生していしまうからね。
シルバー・コントレイルの効果が消え元に戻るスターダスト。
デッド・ガードナーを守備、2枚伏せてターンエンド。

ジャックのターン。ドローのときにまた腕がうずく。
お互いにドラゴンをぶつけあうバトルフェイズ。
まずレッド・デーモンズの攻撃。アブソリュートパワーフォース。
しかしそれはデッド・ガードナーにより防がれる。
そしてさらにデッド・ガードナーの効果でレッド・デーモンズの攻撃力は1000ダウン。
今度は遊星の攻撃。罠発動。

反撃の狼煙
通常罠
相手が自分フィールド上のモンスターを戦闘で破壊した場合発動する事ができる。自分フィールド上モンスター1体を選択する。選択したモンスター1体の攻撃力を500ポイントアップし、そのモンスターと攻撃を行ったモンスターで戦闘を行う。

悪くないカード。ただ500アップの微々たる効果に加え、元々収縮とかで迎撃しろよとかリアルで思ってしまうのは仕様。
厄介な効果モンスターを置いて敵の攻撃を誘い大ダメージを与える戦術はとれるな。
これによりスターダストは3000となりバトル。
再び走る腕のうずき。だがこのバトルには関係ない。
キングのプライドをかけた罠発動。

プライドの咆哮
通常罠
相手モンスターとの戦闘時、ライフを1000ポイント払う事で発動する事ができる。戦闘を行う自分モンスターの攻撃力は、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力となる。その後自分モンスターの攻撃力を300ポイントアップする。この効果は発動ターンのバトルフェイズ終了時まで続く。

要約すると1000のコストで相手破壊+300ダメージ。
不確定だけど悪くはないカード。
灼熱のクリムゾンヘルフレア、響けシューティングソニック。
2体の攻撃がぶつかり合う。
だが破壊されないスターダスト。あせるジャック。
その答は墓地のシールド・ウォリアー。その効果で戦闘破壊は無効。
ダメージは通るが、戦う分には問題のないライフは残っている。
だがキングの意地。決着をつけるべくスピードスペルを発動しようとする。
しかしまたうずき。そして光る腕。
2体の攻撃の衝撃はの余波が漂う中、そこから新たなドラゴン。
これはまさか・・・

超 展 開 k t k r 

この展開はまさに子供でもわかる超展開。
二人の目がドラゴンに見つめられ赤く。
その間電力を支えるモーメントは臨界点突破。
だが決闘者にとって大事なのは決闘。
キングはスピードスペル-ジ・エンド・オブ・ストームを遊星は罠をそれぞれ発動。
そしてドラゴンの衝撃に二人は吹き飛ばされる。
この瞬間ネオドミノシティの一部の電力はダウン。
ドラゴンは天に消え、残された二人のD-ホイールは強制停止。
そして二人の手には何かの紋章。
見つめあう2人。
そこに現れるセキュリティー。不法侵入により遊星は逮捕。
来週から盛り上がってきそうだな。

スポンサーサイト

<< 第5話 デュエルまとめ | ホーム | まだまだだな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。