プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話 運命の対決!立ちはだかるスターダスト・ドラゴン

遊戯王5D’s感想。
ジャックテンション高過ぎワロタ。

遊星とジャックの再開。
D-ホイールを作れる事はもはやデフォなのか、遊星。
キングはチャンスを逃さないものだ。こんなキャラで決定なのか?
前のはもう壊れたに決まっているだろうとさっぱりいうジャック。
スターダストはジャックの手の中に。さすがに二連で壊れたというと話が進まなくなるのでないか。
スターダストがオレ達サテライトの夢という遊星に対してジャックは子供じみていると返す。
キングとなった今不要なカードと言う事で遊星の手の中に。
それが意味するのはスターダストに込められた夢を否定するものなのか、それとも仲間を否定するものなのか。
しかし遊星はスターダストをジャックに返す。キャッチボールならずキャッチカード。
決闘で返してもらう。と言う事で決闘場へ。

ネオドミノシティの摩天楼。
E・HERO>摩天楼と聞いて。
たえず成長を続ける眠らない街。今の世界と一緒だな。
キングとして君臨し続けると豪語するジャック。
到着せし場所はライディングデュエル専用デュエルスタジアム。

ま~わ~る~んです~!
回るからこそネオドミノシティは無限の力を生み出す。
その名をモーメント。だからこそネオドミノシティは成長を続けているらしい。
と言うかこいつ誰?
デュエルディスクを発展させたのも回転。戦うカップ焼きそばの事かーーー!
疲れるのなら回るなよ・・・まさにネタキャラだな、阿久津。
冷静と言うかスルースキルの高いお方だな、レクス。
KCのモーメント研究部MICA。海馬社長もこんな人を雇うとは物好きだな。
完全モーメント化の事業が完成。たしかに一大事だな。
最強のエネルギーとか言ってみるが半キレぎみのレクスにちょっと自重した。

狭霧さんの情報で席を外すレクス。
というか初の女性キャラだな狭霧さん。
サテライトとキングの接触はジャックの地位を脅かすのは十分なものらしい。
キングの事になると手を選ばない質みたいだな、女性に手を出すとは。
また新キャラ。しかも狭霧さんとは仲良くないみたいです。

一方スタジアムの遊星とジャック。
追われるのは気分がいい、自分がキングと実感できる。
キングはその座を常に守らなくてはならない
守る事は攻める事よりも難しい。
しかしそれをなしてこそキング!
自分を全面に押し出すな、ジャック。
スターダストを取り戻す事は不可能。ジャックと遊星の運命の決闘が始まる。

遊星のターン。ボルト・ヘッジホッグを召喚。
顔見知りなだけあって懐かしいの一言。
ジャックのターン。マッド・デーモンを召喚。
バイクがあり得ない走行になってるのは気にしない。あの高さで斜面をキープしつつ反転とかオートすげ。
ボーンスプラッシュ。貫通ダメージで1000ポイント。
1000ダメージを受けた事によりスピードカウンターは1減る。
先制は自分の身を守るとか、小さなほころびが決壊を招くとかとにかくテンションが高いジャック。
お喋りがすぎる。遊星は相変わらず口は少ないな。

遊星のターン。効果が使われないジャンク・シンクロン召喚。
そしてボルト・ヘッジホッグの効果で特殊召喚。
さっそく現遊星のエースジャンク・ウォリアー決め台詞と共に召喚。
過信は自滅を招くぞ。遊星の一撃。スクラップフィスト。
とりあえず2話の冒頭みたいにはならなかったな。

ジャックのターン。何かキーカードを引いたみたいだな。
ダブル・プロテクターを守備。1枚伏せてターンエンド。
遊星のターン。スピード・ウォリアー召喚。
ジャンク・ウォリアーは永続効果かつ対象が元々の攻撃力らしく3200にアップ。
パワー・オブ・フェローズ。おそらく鉄を意味するferrousが当てられる。
変わらんな。ジャックの言葉を無視し戦闘。
スピード・ウォリアーでダブル・プロテクターを破壊。
ダブル・プロテクターの効果。相手1体をエンドフェイズまで攻撃力半減。
1枚の伏せ。だがおくさずジャンク・ウォリアーで直接攻撃。
ジャックのライフとスピードカウンターが削られる。

だめだな。遊星の攻撃に対してジャックは言う。
クールに見えてすぐ熱くなる。だからお前はオレの勝てない。
あれ?初期設定クールアンドクレイバーが否定されてる?
整形な攻めに見えてもそれは自分ではなくジャックの手のひらの中。
躍らせれていたという事実にわずかな動揺が走る。
スターゲートが発動。2回の戦闘により2個のゲートカウンターが乗る。
遊星は1枚伏せてターンエンド。

伝わる、伝わるぞ遊星!お前の揺れが!
己のピンチを演出し、鮮やかな反撃を持って観客のカタルシスを掴む!
これがキングの決闘!
遊星の感想。おまえは喋り過ぎる!
ジャックのターン。Sp-スピード・フュージョン。4話にしてついに融合。
これで十代もライディングデュエルですね、わかります。
マルチ・ピース・ゴーレムを召喚。スピード・ウォリアーを破壊。
しかし戦闘ダメージはガード・ブロックで無効。さらに1枚ドロー。
というかTDGSのカード入り過ぎ。並び方で大分予想はついたけど。

ここからジャックの真の力。キングの決闘。
まずマルチ・ピーシ・ゴーレムの効果により融合解除。
ビッグとミドル・ピース・ゴーレム召喚。
ミッド・ピース・ゴーレムの効果でスモール・ピース・ゴーレム召喚。
モンスターが増えて事で賑やかになってきたというところが遊星らしいな。
さらにジャックはダーク・リゾネイター召喚。
ビッグ・ピース・ゴーレムにダーク・リゾネイターをチューニング。
王者の鼓動、今ここに烈をなす。天地鳴動の力を見るがいい!シンクロ召喚!我が魂レッド・デーモンズ・ドラゴン!
相変わらず決め台詞ながいな。

だがこれで終わりではない。今夜の特別ゲストがいる。
スターゲートの効果により手札からレベル1のダーク・スプロゲッター召喚。
ダーク・スプロゲッターをミドル・ピース・ゴーレムとスモール・ピース・ゴーレムにチューニング。
大いなる風に導かれた翼を見よ!シンクロ召喚!響け、スターダスト・ドラゴン!

ジャンク・ウォリアー、レッド・デーモンズ・ドラゴン、そしてスターダスト・ドラゴン。
この場に揃うものはすべてそろった。
次回一体どうなるのかこうご期待。
というかOCG化しているものばかりだったから特に解説するものないな。

スポンサーサイト

<< 第4話 デュエルまとめ | ホーム | これがオレの全力だ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。