プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話 ライディング・デュエル!アクセラレーション!

新作始まったな。
とりあえずあらすじをだらだら書くのをやめてみようと思う。

階級社会という事で最下層のサテライトという身分に属する遊星。いきなりD-ホイールが故障してやがる。そしてジャックはキングとしてネオドミノシティに降臨している。元は仲間であったジャックはスターダスト・ドラゴンとやっとの思いで遊星が作ったD-ホイールを盗んで今の地位を気づいたらしい。後の発言から下から上に上がるのは並大抵のことじゃないから盗まれた遊星が下の地位に落ちたのかな?

ライディングデュエルはスピードが速ければ速いほど、より上級の魔法が発動できるという事。なんか都合のいい設定だな。つまりこれからは心理的障害や心臓がではなく、スピードがという事なわけですね。ジャックはいきなりレッド・デーモンズ・ドラゴン召喚。灼熱のクリムゾンヘルフレア。前置詞は絶対必要なのか、それとも取られていくのか。

仲間の必要性が今のところまったく感じない件。バイクを直しているところにラリーと呼ばれる子が。前科持ちらしい。というか管理さえているのに盗むとかそれほど遊星が大事みたいだな。そして遊星はジャックに会うためにそのチップを組み込む。制御系が変わっただけで回転率が上がるのか。

しかし高性能の世の中速攻でばれる。いや持ち出せる時点でセキュリティーが甘いか。マーカー一つで探知できるってどれだけ高性能。しかし遊星がジャミングで妨害。この主人公高性能だ・・・と。一歩間違えたら間違いなくプロハッカーになれるぜ。

遊星が囮となりセキュリティーと呼ばれる警察組織と対峙。そしてまさかの牛尾さん登場。D-ホイールはそうそう自作できるものではないそうで。後逃亡を手伝ったため遊星は犯罪者。主人公犯罪者って少年アニメ的にやばくね?

デュエルしろよ。この一言が流石遊戯王と言わざるをえない。牛尾さんの傲慢な性格は相変わらずのようで。よく考えれば風紀委員とかやってたから取締りのこの仕事はうってつけなんだよな。犯罪を見逃すための決闘なので全て牛尾さんの個人的責任で行われる決闘。ここでライディングデュエルの概略。

・初めからフィールド魔法・スピード・ワールドが初期から発動。決闘に関係ない演出なのか上書きできるものなのから不明。
・毎ターンスタンバイフェイズ?にスピードカウンターがたまる。それを消費し特殊な魔法・スピードスペルを発動できる。通常の魔法発動は冒頭ではできないとかいってるけど詳しい事は不明。
・オートパイロット。
・アクセラレーション=加速

決闘者は信用すると遊星。決闘開始。牛尾さんはアサルト・ガンドックを召喚。一枚伏せてターンエンド。遊星のターン。スピード・ウォリアー召喚。そしてその攻撃力はレベル2ながら召喚ターンのみ倍の1800になる。スピード・ウォリアーの攻撃。ソニックエッジ。ただの回し蹴りだろ。しかしアサルト・ガンドックの効果発動。

アサルト・ガンドック
地・星4・獣・ATK1200
このカードが戦闘で破壊された場合、デッキから「アサルト・ガンドック」1体を特殊召喚できる。

まあ悪くないんじゃないかな。似たようなモンスター増えてすぎてるけど。遊星は1枚伏せてターンエンド。牛尾のターン。ガンドックをリリース(生け贄)し、ワッパー・ドラゴンをアドバンス召喚(生け贄召喚)。攻撃力は1800と低め。しかしスピード・ウォリアー破壊するには十分。ワッパーシュートだがくず鉄にかかしを発動。再利用できるヒーローバリア涙目の罠。しかしそこにはさらなるカウンターが待ち構えていた。

ギャクタン
カウンター罠
罠カードが発動した場合、発動する事ができる。その発動を無効にし破壊する。破壊したカードは墓地にはいかずデッキに戻る。

ノーコスカウンターは強いという事で。クズはクズその言葉に遊星は顔を強張る。遊星のターン。ロードランナーを守備表示、カードを2枚伏せてターンエンド。牛尾のターン。手札のアサルト・ガンドックレベル4、ガード・ドックレベル3、華麗なる潜入工作員レベル3を墓地に送り、攻撃力3000のモンタージュ・ドラゴンを召喚。モンタージュは犯人の似顔を作る時にするのであって適当に混ぜるのはどうかと。牛尾の猛攻により遊星のライフは100に。

デッキを信じる遊星。ここら辺は全作共通だな。そして引いたカードはジャンク・シンクロン。チューナーは珍しいみたいで。そしてまさかの効果無視。罠発動エンジェル・リット。

エンジェル・リット
通常罠
自分の墓地からレベル2以下のモンスター1体を選択し、攻撃表示で特殊召喚しこのカードを装備する。このカードは装備モンスターを墓地に送る事で手札に戻す事ができる。このカードがフィールド上に存在しなくなった時、そのモンスターを破壊する。

蘇生は強いと何度言ったら。そしてジャンク・シンクロンがスピード・ウォリアーをチューニング。シンクロ召喚、ジャンク・ウォリアー。そしてスピード・スペル発動。ヴィジョンウィンド。

Sp-ヴィジョンウィンド
通常魔法
自分用のスピードカウンターが2つ以上ある場合発動する事ができる。自分の墓地に存在するレベル2以下のモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このエンドフェイズ時に破壊される。

だから何度言えばわかる。蘇生は強いと。そしてまさかのスピード・ウォリアー三回目召喚。ジャンク・ウォリアーの攻撃力はその効果で3200までアップ。スクラップフィスト。その攻撃がワッパー・ドラゴンを葬る。しかしワッパー・ドラゴンの効果。破壊したモンスターに装備され攻撃力1800ダウン。一転してピンチに追い込まれる遊星。だが遊星はさらにもう一枚罠発動。

イクイップ・シュート
通常罠
自分フィールド上のモンスター1体に装備されている装備カード1枚を、相手モンスター1体に装備する。その後、この効果の対象となったモンスターは戦闘を行う。

自分にデメリットを与えるカードか再利用可能なカード、相手が装備できなおかつ変更しても害がないカードが対象か。実質能動的使用は2枚消費で2回攻撃だからきついな。ワッパー・ドラゴンの強力な効果が裏目に出てモンタージュ・ドラゴンは1200にダウン。そして残りライフは2000。勝負は決した。スクラップフィスト。

クズの一言でカードをかたずけるあんたに決闘者を語る資格はない。どんなカードにも存在する以上必要とされる力がある。そう言い残し立ち去る遊星。そして牛尾はつぶしてやると心に誓う。仲間との絆を取り戻すため遊星の戦いが始まる。

はじめからストーリーがある程度見えてる分だけ展開が遅そうなのが心配だな。GXはしばらく1話完結で進めててたしな。あと告知するほどだからよく動いてた。後いきなりバイク降りんな。それと前よりテキスト見づらいので前以上にテキスト適当です。

スポンサーサイト

<< 第1話 デュエルまとめ | ホーム | さらっと遊戯王GX >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。