プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-179 さよなら十代!涙の卒業式

遊戯王GX感想。
超展開で王道とはさすがGX。大好きだ。

ダークネスが消滅した。そして迎える卒業式。三年間の締めを飾る儀式。相変わらずクロノス先生は別れたくないってごねてる。でもそれがいいんだけどね。というわけで強制退場。代わりに校長が卒業デュエルの最高点者を発表する事に。

今回の卒業デュエルの最高得点者は三人。万丈目、翔、明日香。しかし賞品のレプリカ遊戯デッキは一つ。というわけでみんな辞退。先の一件でみんなは悟った。自分にとって最強のデッキとは自分の記憶が染みついた自分のデッキ。試行錯誤を繰り返し、たくさんのライバルとぶつかりあったデッキ。

さて卒業デュエルの結果発表が終わり卒業式へ。剣山が送辞をする。ガチガチに緊張しすぎですよ剣山。そして号泣。まともにしゃべれなくドンとザウルスだけ。そして強制退場二人目。まあ落ち着いてくれみんな。しかし懐かしい面々だな。高寺オカルトブラザーズ(14話)、大原・小原(16話)、大山(17話、制服バージョンだね。)、神楽坂(19,20話)、もけ夫(23話)、神田(81話)あとDSで名前を与えられた面々(オレはDS持ってないので知らない)。

明日香の答辞。明日香視点の三年間の振り返り映像を交えつつ、よくあるお言葉。三沢が完全にカットされている件について。さよならという言葉を復唱する十代。その意味には何か深い意味がありそうな気がする。そして卒業証書授与。万の後に丸って五十音順じゃおかしくねと突っ込みながら二浪の吹雪さん卒業おめでとう。あと十代レポート100枚よく頑張った。

アカデミア最後の夜。花火まである盛大なパーティが開かれる。剣山は食い意地が張ってるな。余韻とかそんなの完全に無視。さっき泣きまくったしな。そして明日香と吹雪さんはなんと最後だから特別衣装を。さすが最後まで自重しない吹雪さん。シリアスモードの反動か。師匠ナイスっておい万丈目。

デュエルアカデミアに完敗。校長の掛け声とともにパーティが始まる。まだ項垂れるクロノス先生。剣山はまだ自分という問題児がいるから大丈夫と励ます。それはは励ましているのか?それはいやだとクロノス先生に言われているし。

なぜかいるヨハンとオブライエン。彼等の学校は卒業の時期が違うからせっかくだから見守ってやろうという事で残ったらしい。いいのか出席日数的な意味で。そして藤原。先の一件について謝る藤原。けれど吹雪さんは言う。生徒の成長も過ちも全てを受け入れてくれるそれがデュエルアカデミアだと。視線の先には校長や影丸理事長、そして斎王兄妹。親が早期に亡くなった藤原にとってはそれを体現してくれる場所がなかったからな。これは心強い言葉だな。だが四浪の事実は覆せないぞ。

十代がまだ来てない事に口々に言うみんな。いい加減なのはいつものことだよな。よく授業さぼるし。一方十代は旅立ちの準備をしていた。私服に着替え旅支度をする十代。大徳寺先生は一生成仏できないまま何だろうか。ここでの役目は終わった。精霊と人間をつなぐ力を必要とする場所を新たに探すための旅に出ると宣言する。前に言っていた力あるものが背負うべき責任。それは一生ついて回るもの。

パーティ会場外。明日香が外の風にあたっているところにヨハンとオブライエンが。この一年で一番変わったのは十代かもしれない。ヨハンの言葉にオブライエンは返す。人はいつか変わる、それが大人になるという事。一年しか知らないからこそわかる十代の変化。

十代は行ってしまったのかな。湿っぽいのは苦手な奴だからな。二人の言葉に明日香は言う。でもそれが十代らしい。いつも神出鬼没でつむじ風みたいで私たちの青春を吹き抜けていった。でもきっと会える。各々口にする。それがいつかはわからないけど、けれどいつか。

ほんと十代の名前は十代の人々にメッセージを送りたいという意味だけどまさにその通りだな。思春期を越えオレ達は大人になる。その中には様々な葛藤や経験がある。それをカードゲームというコミニケーションの媒体で表現したのは素晴らしいと思う。オレは本気で思うよ。十代の間にこの番組見れてよかった。

さてここからは本当の最後の締め。デュエルアカデミアに別れを告げる十代。さすがに思うところがあったのか制服でお辞儀。しかしそこでハネクリボーが呼び止める。そしてついてこいと誘導。行きついた先はレプリカ遊戯デッキが置いてある展示場。待っていたよ、遊城十代君。

まさかの武藤遊戯登場

DM1話から見続けてきた身にとって大歓喜。まさかの遊戯。GX1話からどれだけこの二人の真っ向対面を望んだことか。しかしさすがGX。筋肉ムキムキ。さあ、始めよう。本当の卒業デュエルを。これが意味する事とは?

それはハネクリボーを本当に持つべき決闘者に成長したか試す決闘。三年前全ての始まり告げた出会い。そして渡されたラッキーカード、ハネクリボー。十代はこの三年間でいくつもの試練を乗り越え頼もしい大人に成長した。けれどそれために失ったものもある。十代自身きづかないもの。けれど大切なもの。それを取り戻すための決闘。そしてその相手はレプリカ遊戯デッキにハネクリボーをかざした先にいるという。目の前の決闘者を超える決闘者はいるのか。その答えを知るためにそして失ったものを知るためにハネクリボーの光がある場所へと導く。

ついた場所はゲームの亀屋前。そして十代の足元にはひとつの記事。それはバトルシティを優勝した遊戯の姿。デュエルスポーツってなんだよと顎があれな城之内と本田がいるんですけど。あとV2って書いてるけどキングダムと合わせてって言う事かな。

ここを過去と瞬時に読み解く十代。ある意味すげえ。さすがイオにいきなり飛ばされたりい世界に飛ばされたりする決闘者は洞察力が違うぜ。以前つまり去年の修学旅行の時とは変わらない感じと言われるあたり亀屋は変わらないんだな。

いってきまーす。元気よく飛び出す遊戯。そして十代と衝突。その胸には千年パズル。偽物事件もあったけどこれは果たして。十代はぶつかった相手が遊戯と知り驚く反面、瞬時に遊戯が対戦相手と見抜く。そして事情を説明する十代。過去とわかってるのにハネクリボーを貰ったと説明するあたりがあれだな。クリボーと見比べる遊戯。そんなカードを上げた覚えは・・・まあそうですよね。

君はもしかして僕と決闘をしにきたの?そう尋ねる遊戯。昨日夢で見たらしい。クリボーが明日決闘者が一人やってきて自分はその人と戦わなければいけないというものらしい。つまりハネクリボーのくだり=むりやり遊戯と戦う理由程度にしかとられてないおそれあるぞこれ。

時計は九時を指している。バトルシティ開始と同じ時刻。それと同時に遅刻確定の時間だぜこれ。周りに人はいない。時も進んでいない。十代と遊戯の特別な空間。つまりこれは過去なんかじゃなくてデッキにしみついた記憶の可能性の方が高いな。レプリカだけど。けれど本人が近くにいるんだから問題なしだろ。ほら前半にも記憶が染みついたとかなんとかいってたし。

お互いのデッキをシャッフル。遊戯のデッキを手に取る十代。そしてユベルの力で感じる圧倒的力。それはまさに神。決闘者として同じ匂いがする。そう言われ少し反応する十代。ユベルは自分の存在に気付いていると評価する。

歴代最強のデッキを持つ遊戯。びびったかとユベルに冷やかされるが十代はわくわく全開。ここで燃えなきゃ偽物とまで言うほど。そして始まる二人の決闘。この瞬間が訪れるとは。十代の先攻。融合発動。呼び出すカードはもちろんマイフェイバリット、E・HERO フレイム・ウイングマン。一枚伏せターンエンド。

エレメンタルヒーローという見た事もないデッキに驚く遊戯。まあそりゃまだその時代にはないカードですから。そして今回はネオスデッキじゃなくエレメンタルヒーローデッキって言ったのになんか感動。遊戯のターン。ホーリー・エルフとかまた懐かしいものを。だが真の力はここから。速攻魔法ディメンション・マジック。魔法使い族を生け贄に手札の魔法使い族、遊戯デッキの象徴ブラック・マジシャンを召喚。このタイミングでもうブラック・マジシャン。でも燃えてきたぜ。十代の鳥肌立ったぜはあながち間違いじゃない。

ディメンション・マジックの効果は続く。相手モンスター1体、つまりフレイム・ウイングマンはあっさり破壊。見とれてる場合かとユベルに怒られる。ブラックマジック。それを何とか攻撃の無力化でしのぐ。二枚伏せターンエンド。

ディメンション・マジックの破壊とダイレクトアタックに攻撃でもライフを減らさない十代を評価する遊戯。そして揺るがない自信と内に秘めたる闘志から一気呵成に攻めてくる遊戯のプレイングにさらに高ぶる十代。いいなこの十代。もう音楽も一期のものが多いしみてるこっちも熱くなるぜ。

十代のターン。バブルマンを守備表示で召喚。最後までアニメ効果は強いな。三枚伏せてターンエンド。遊戯のターン。翻弄するエルフの剣士を召喚。そして千本ナイフ。ってまた除去かよ。そしてがら空きのところに再びダイレクトアタック。だがそこにヒーロー見参。召喚されるはエース、E・HERO ネオス。お互いの象徴が互いに対峙。次回最終回か。いったいどうなるんだろうなこの決闘。フレイム・ウイングマンの効果を説明してないからスカイスクレイパーシュートを打ってほしいんだけどな。

予告も久々のハイテンション。そして締めのガッチャ。やっぱり最後はこの言葉だよな。最強カードはみんなのデッキの中。そして前作リスペクトかしらないけど十代と翔がデュエルスタンバイって言ってた。せっかくなのでさっと流れたカードを全部紹介。

サイバー・エンド・ドラゴン (カイザー)
パワー・ボンド(翔)
おジャマトリオ(万丈目)
サイバー・ブレイダー(明日香)
マスター・オブ・OZ(隼人)
古代の機械巨人(クロノス)
真紅眼の闇竜(吹雪)
賢者の石-サバティエル(十代、大徳寺?)
サイバー・オーガ2(鮫島)
ダークティラノ (剣山)
D-HERO Bloo-D (エド)
絶対運命決定力(斎王)
不平等条約(ナポレオン)
恋する乙女(レイ)
究極宝玉神 レインボー・ドラゴン (ヨハン)
ヴォルカニック・デビル(オブライエン)
化石融合-フォッシル・フュージョン (ジム)
霧の王 (アモン)
毒蛇王ヴェノミノン (コブラ)
次元融合殺 (ユベル、マルタン?)
堕天使ナース-レフィキュル (鮎川)
ユベル-Das Extremer Traurig Drachen(ユベル)
ダーク・アーキタイプ (ミスターT)
ウォーター・ドラゴン (三沢)
ハネクリボー(十代)

なぜ三沢がこの位置?そしてハネクリボーは絵違い。笑ってる姿もいいよね。

スポンサーサイト

<< TURN-179 デュエルまとめ | ホーム | TURN-178 デュエルまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。