プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-178 最後の希望!遊城十代

遊戯王GX感想。
超展開+王道=人生でOK?

あれ疲れているのかな8が3に見えるんだけど。そんなこんなで始まるGX。十代の言葉にダークネスは笑う。十代の信じる仲間から記憶が消えた今、絆など無意味なものだと。まあ正論ですね。世界に人間は十代しかいませんし。

ダークネスのターン。ダークネスはダークネス・ネクロスフィアを召喚。

ダークネス・ネクロスフィア
闇?・星1?・水?・ATK0・DEF0?
このカードを墓地に送る。墓地に存在する「ダークネス」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

専用カードとはいえ強力。効果は使えるのでそれ以外の制約がつきそう。この効果によりダークネス・アイを再び特殊召喚。守備力は1000。効果に頼らなければカードを発動する気もしないラスボスってある意味へたれてるよね。この効果により虚無と無限を発動。そしてダークネス1を発動。これによりネオス・ワイズマンを破壊する。

と思いきやネオス・ワイズマンは効果によって破壊されない効果をお持ちのようで。だが我の真なる力を知らずと余裕の表情。ダークネスコンボは強いのは認めるけど、これの他に何を隠し持ってんだよ。

十代のターン。ネオス・ワイズマンの効果で戦闘時ライフ回復。これで十代のライフは4000。だがダークネスに本気で勝つつもりでいるのかと聞かれる。なんかお決まりの定型文だな。たった一人の人間で理は動かない。いや人間全体でもたぶん絶対的な理は動かないと思います。

ダークネスのターン。ダークネス・シードの効果で2回目のスタンバイフェイズ時に墓地からダークネス・シードを特殊召喚。そしてエンドフェイズの度にライフが4000になる新感覚の壊れカードだな。

ダークネスの正体。すでに十代は気づいている。だから勝てない。それが理由。そしてその正体は人間の未来。この世界で起こっている異常。止まらぬ異常気象、止まらぬ天変地異。止まらぬ紛争、テロ。壊れた人間が起こす異常な事件の数々。それらがもたらす未来は破滅。滅亡。人間はとう疲れている、見えない未来の中に可能性を探す事に。デュエルアカデミアも然り。生徒は危険な社会に出ていくことに怯えていた。自分の力を信じ危険な社会に出ていくことを望んではいなかった。それがダークネスに力を与えた。

なんかものすごく事実だな。認めたくはないけど。次に何が起こるかわからない。本当にこれをしたら望んだ結果を得られるのか。憶測ばかりが先行してなにも進めない。なにもできない。結果は出てないのにすでに失敗した気分に陥る。その心労が重なった頃に聞かされる鬱なニュースの数々。たしかに疲れる事ばかりだ。

十代のやろうとしている事はその荒廃した世界に人間を導くこと。けれど十代は信じない。ネオス・ワイズマンの攻撃。ダークネス・シードは攻撃表示であるため効果も相まって3000ダメージ。さらに十代は1000ポイント回復。だがダークネス・シードは破壊されていない。

ダークネス・シード
闇・星2・植物?・ATK1000・DEF1000
このカードが墓地に送られてから2回目の自分のスタンバイフェイズ時、このカードを墓地から特殊召喚する。このカードがこの効果により特殊召喚に成功した場合、以下の効果を得る。
●このカードは表側攻撃表示である限り、戦闘で破壊されない。エンドフェイズ時に自分のライフは4000になる。

壊れてるってレベルじゃない。愚かな埋葬対策でデッキから送られた場合除外、戦闘で破壊された場合除外ついてもまだ足りない。もっと厳しい条件が欲しいな。十代はカードq枚伏せてターンエンド。

未来が信じれなくなった人間が力を与え続ける。エンドフェイズにダークネスのライフは4000まで回復。そしてダークネスのターン。ダークネス・シードを生け贄にダークネス・ブランブルを召喚。

ダークネス・ブランブル
闇・星6・植物?・ATK2000・DEF2000?
このカードが表側表示で存在する限り、「ダークネス」の効果でセットされたカードを確認する事ができる。「ダークネス・シード」の効果で特殊召喚された「ダークネス・シード」生け贄にこのカードの生贄召喚に成功した場合、以下の効果を得る
●このカードは表側攻撃表示である限り、戦闘で破壊されない。エンドフェイズ時に自分のライフは4000になる。

まあ専用カードだからこんなものだろ。元が壊れてるんだからこの程度はもう基本。そして再び得た確認能力で虚無と無限を発動。しかも両端という最悪の位置。ダークネス3がここで最初に発動。

ダークネス3
永続罠
自分フィールド上の「虚無」と「無限」の効果によってこのカードが最初に発動した場合、以下の効果を得る。
●相手ライフに1000ポイントダメージを与える。その後、「ダークネス」と名のついた永続罠カードが発動する度に、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

破壊、能力強化ときて最後はバーン。3000ダメージは痛いな。リスクと効果が結構釣り合ってるねこれ。十代のライフ残り2000。そして十代のターン。このドローフェイズに虚無と無限を発動。ダークネス3が発動。その効果で2000ダメージが発動。万事休す。

しかし十代は諦めない。速攻魔法速攻召喚。これによりこのタイミングで通常召喚を行う。召喚するモンスターはC・パンテール。そしてコクーン・ヴェール発動。このターンの効果ダメージを無効にする。そしてブラック・パンサーを特殊召喚。ここにきて可哀そうな子が出てきたか。コクーン・ヴェールしか効果を防ぐカードが思いつかないと思っていたら新カードを出す事なく対応してくれたスタッフに感服。発動タイミングおかしいけど。

ネオス・ワイズマンでは3000ダメージしか与えられない。だけど十代は攻撃する。しかしその攻撃が裏目に。手札のダークネス・レインクローの効果発動。

ダークネス・レインクロー
闇・星8・悪魔・ATK0・DEF0
相手モンスターが攻撃宣言を行った時、自分フィールド上に存在する「ダークネス・ブランブル」と手札のこのカードを墓地に送り、デッキから「ダークネス・ネオスフィア」1体を特殊召喚できる。

ダークネス・ネオスフィア
闇・星10?・植物?・ATK4000・DEF4000
1ターンに1度だけ自分フィールド上にセットされている魔法・罠カードを並べ替える事ができる。フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カードをセット状態にする事ができる。このカードが表側表示で存在する限り、「ダークネス」の効果でセットされたカードを確認する事ができる。上記の効果は相手ターンにも使用する事ができる。

ダークネス・シードを生け贄捧げたダークネス・ブランブルを墓地に送って召喚した場合ライフ回復効果得るかもしれないな。でもテキスト長くなるのでパス。奴の罠は出来レース。決闘史上ほとんどの決闘が組み合わせで勝敗がわかる中でこの言葉を使うものがでるとは。さすがGXと言わざるを得ない。

けど十代はあきらめない。ここにきて二度目のブラック・パンサーの効果発動。相手モンスターの能力と名前をコピーする。守備力4000って数値まではコピーしないはずですがっ気にしない。これによりさらに敵のセットカードの位置を最悪の位置にさらに変更。そしてダークネスをセットしなおすのという意表をついた戦術を取る。ダークネスはその効果でダークネス罠と虚無と無限をセットするため、発動時魔法・罠カードを破壊する効果を持っている。さすがに事故を予測してかダークネスのデッキには1セットしかそれらははいってない。強すぎる力があだとなる。見てて面白いな。十代は1枚伏せターンエンド。

だがダークネスの場にはダークネス・ネオスフィア攻撃力4000。ダークネスのターン。ダークネス・ネオスフィアでネオス・ワイズマンを破壊。しかしネオス・ワイズマンにはもう一つ能力がある。それはユベルを除外する事でネオスを蘇生する能力。ユベルに信じろと言われた自分の力。十代はユベルを除外しネオスを特殊召喚。

動悪あがきをしようが無駄だ。しかしその言葉は十代には届かない。十代は言う。もうすぐオレ達はここから出ていく。それはお前が言うように笑ってやり過ごせない事もたくさんあるだろう。けどそれには立ち向かっていくしかないんだ。自分の未来を切り開いていくためには。

ダークネスは言う。汝には戦う強さがある。けれど他の者にはない。だが十代はその言葉に意外な言葉を返す。なにもわかってないのはお前の方さ。オレはちっとも強くなんかない。かつてオレの心は闇に溺れ、オレの仲間をひどい目に合わせてしまった。だからこそわかった事がある。オレはそれを信じているだけだ。

十代の信じているものカードを信じる限りオレ達は決して一人じゃない。戦った仲間と応援してくれた仲間と決して切れない絆で結びついている。なぜならそれこそがたった1枚のカードに秘められた力だからだ。

思いは形となり形は思いとなる。初めは何の変哲のないカードだったかもしれない。けれど使っていくうちにそれ通して行われていった事が思いとなりそれにしみつく。そしてその形に染みついたものが形を通して再び様々な思いを思い出させてくれる。それが時に人を支えくれる力になる。これはカードアニメだけど、カードを置き換えればどこでも通用する素晴らしい言葉。

悲しみも憎しみも喜びや楽しみもそれがその人にとっての歴史。そしてそこに紡がれた人をつなぐ思いこそ絆。十代の声に万丈目が、翔が、明日香が自分の中の記憶を呼び覚ます。まだなにもやり遂げちゃいない。なにも結果を出していないからこそ未来におびえる事は無い。一人ではないからこそおびえる必要はないと。

ダークネスの世界から解放されたみんな。そして絆を奪おうとしたダークネスは許せない。十代のターン。ドローしたカードは今まで十代を支えてくれた魔法カード「融合」。デッキこそが絆の全て。罠発動未来への希望

未来への希望(フューチャー・ビジョン)
通常罠
「E・HERO ネオス」が自分フィールド上に存在する時発動する事ができる。「融合」魔法カード1枚を墓地に送る。デッキから「N」と名のついたカード5種を選択して墓地に送る。

そして墓地と場のネオスペーシアン6体とネオスを究極コンタクト融合。召喚されるはゴッド・ネオス。

E・HERO ゴッド・ネオス
光・星12・戦士・ATK3000・DEF2500
自分フィールド上の「E・HERO ネオス」+自分のフィールド上及び墓地の「N」と名のついたモンスター6種類1体ずつをデッキに戻した場合のみ融合デッキから特殊召喚可能。(「融合」魔法カードは必要としない)デッキから「N」と名のついたモンスターを選択してゲームから除外する事でこのターン中、除外したカードのモンスター効果を得る。この効果で除外したカード1枚につき、このカードの攻撃力は500ポイントアップする。

効果を考えるとすこぶる微妙だな。既存の効果しか使えないことだし。攻撃力と召喚条件がやや簡単。エンドフェイズにデッキに戻らない事が取り柄だろな。全てのネオスペーシアンを吸収、さらにフレア・スカラベの効果もあり攻撃力は8400。レジェンダリーストライク。その一撃でライフは0になる。

ダークネスは真実の闇。いずれ現れる事になるかもしれない。だけど決闘者がいる限りはその役目は無いだろう。いや人がいる限りそんな事は無い。全てが終わり残す卒業式。別れ。次回も楽しみだな(自重しない吹雪さん的な意味で)最終回もまじかだってのにあの人は・・・だがそれがGXクオリティ!

スポンサーサイト

<< TURN-178 デュエルまとめ | ホーム | TURN-177 デュエルまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。