プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-173 ダークネスの侵攻!奪われた記憶

期末がボロボロ。
だが遊戯王GX感想。


最近は仕事がはかどって楽なノーネ(生徒が消えていく的な意味で)。というわけで冒頭から翔がやられているんですけど。早すぎるって。空野を知らないなんて甘いですって見た奴を片っ端から消していく上に、自身も消されてるじゃん。まあすでに十人以上に分離してるわけですが。

何をしてるんです師匠。万丈目の吹雪さんに対してこの言葉、懐かしすぎる。お兄さんが駄目だから師匠に格下げしたのもいい思い出。当の吹雪さんは自身の学園生活を本にしようとボイスレコーダーで録音中。さらっと流してるけどこれで吹雪さんの進路確定ですか?二年留年してる上に波瀾万丈の生活だけど。

最近二人とも物忘れが激しくなってる模様。というか吹雪さんはラブレターを貰った女の子の名前をいちいち手帳に書き留めてるがすべて消えてしまってる。というかそんな事手帳につけるな。あと持ち歩くな。愛の伝道師ももはや懐かしすぎる。昔のネタが出てくるだけでなんか歓喜。

きっとこの学園に何かが起き始めている。自分の身に起きている異常事態に吹雪さんはこう予測する。その予測は正しく大半の生徒はダークネスの世界へ。そして一気に制圧するため自身は空野の姿を捨てミスターTに戻る。でも数多すぎだろ。

一方海の上。ヨハンの問いに十代は全速力でやってると内心いらいら。ここでヨハンが予告ばりになんでアカデミアは海の上にあるんだよと叫べば面白かったのに。

なんだかんだでもうすでにアカデミアの生徒はたった五人。記憶を消し去る敵の裏をかき記憶に残っている人物と合流。さすが吹雪さんやってくれる。万丈目、明日香、吹雪さん、ジュンコ、ももえ・・・あれレイがいない?何も触れられず退場とかひどすぎる。

この事態を十代へ伝えるため、一人でも生き残る事が先決。というわけで迫りくるミスターT相手に吹雪さんと万丈目は足止め役を買って出る。というわけでまずはミスターTの物理攻撃。扉を堂々と破壊しなくても潜り込む方法なんていくらでもあるだろうに。

十代なんかに頼らなくてもこんなやつら。できるかぎ時間稼ぎをしよう。それぞれ意気込む2人。しかしミスターTは時間稼ぎになっているのかなと不敵に笑う。というわけで明日香がダークネスの世界に。一人一人負け試合書くの面倒だからってせめて44話みたいに一部でもいいからちらっと見せてくれよ。

明日香は消え、吹雪さんの記憶からも消える。ミスターTに問うも返答はない。それどころか万丈目も負けて記憶をさらに失う。ちなみに負けても精霊は残るのね。これ複線になりうるのかわからないところがGX。にしても主要メンバーが3人も消えるとか展開速いよ。

忘れない。忘れたくない大切な仲間たち。なぜかミスターTに相手をされず、ふらふらと吹雪さんはアカデミアを彷徨う。なにも思い出せない、誰も思い出せない。どこを彷徨っても自分一人。世界にたった一人。守るべきものもない、必要とされることもない。

だが心は覚えている。いとしい者たちの記憶は奪う事は出来ても心は奪えない。その時ダークネスのカードが光る。ダークネスなのにというツッコミはなし。あと吹雪さんがものすごく自重しつつ主人公やってんのも気にしない。

ダークネスの力をかり、吹雪さんはダークネスの世界へ。そこで見たものはプロになった万丈目の選択。プロとして一勝もできない万丈目の引退をかけた決闘。おジャマ・イエローを守備で召喚するか、リロードするか。そこは打ち出の小づちにするべしとか文句をつけつつ残り300で相手1200でどちらも場にカードはないならどうします?オレは速攻リロードで。

万丈目は壁モンスターで1ターンしのぐことを選択。最善の選択をしたはず。しかし相手は貫通能力を持つ猛進する剣角獣。こんなところで終わりたくない。攻撃は決まり万丈目のライフは0に。

ここは。そこは間違いなくさっきと同じ場所。自分が先ほどまで決闘をしていた場所。状況は同じ。そこで今度はリロードを選択。デッキは答えてくれるはず。しかしドローしたカードはレベルアップ!。そしてまた同じ場所。無限ループ。救いのない選択。

今度は翔。よくよく考えたらカイザーもこの学校で療養中じゃなかったけ。それとも別な病院に移された?カイザーの病気はなかなか良くならず、もっぱら翔が一人で新たなリーグ管理。カイザーには任せてと言ったが実際は客は全然来ない、決闘者も自分がでなくちゃいけないほど少ない。見えるのは絶望だけ。

明日香は先生への道を選択。しかし生徒にやる気はなく、落ちこぼれを強くする方法を今すぐ教えろと言われて返答に困る。お前らアカデミアに入れるほどの素質があるんだからもうちょっと真面目にすればいいのに。あげくその程度の決闘者が教師面すんなよと罵倒するし。まさにDQNだな。しかしそれでショックを受ける明日香。なんか佐藤先生を思い出すな。

明日香、翔、万丈目。三人の事を思い出す吹雪さん。それと同時に敵のやり方に怒りが頂点に達しミスターTの軍勢に突撃、完全に記憶を奪ってみろと叫ぶ。そして現れるはダークネスの力を持つ者。

否定することしか出来ぬ人の限界。だがそんなゴミのようなお前達をオレは肯定してやろう。現れたダークネスはそう吹雪さんに言う。僕はお前の存在を許さない。そう言うとデュエルディスクを展開する。対するダークネスもデュエルディスクを展開。こちらはカラーリングが施されてない。

決闘。ダークネスの先攻。クリアー・ファントムを召喚。ダークネスは何者にも縛られない解き放たれた存在。ゆえにこのモンスターに属性は無い。これがのちにどう響いてくるのか。カードを1枚伏せてターンエンド。

吹雪さんのターン。レッドアイズ・ワーバーンを召喚。攻撃力1800となかなかに言いモンスター。太陽をバックにかっこいいし。ダークフレイム。クリアー・ファントムを破壊。しかしクリアー・ファントムの効果発動。

クリアー・ファントム
属性?・星?・種族?・ATK1200・DEF?
このカードが表側表示で存在する場合、?属性として扱わない。表側攻撃表示で存在するこのカードが相手ターン中に戦闘で破壊され墓地に送られた場合、相手モンスター1体を破壊する。その後、相手のデッキの上からカードを3枚墓地に送る。

いろいろ制約つけてみたけどしてみたけどこれでもまだ強いすぎだろこの効果。属性なしは斬新だな。正確には扱わないだけだけど。レッドアイズ・ワイバーンを破壊し、真紅眼の黒竜、ドラゴン・ハート、巨竜の羽ばたきを墓地へ。そこにすかさず罠カードを発動。

メモリー・スナッチャー
永続罠
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手プレイヤーは相手の墓地のカードを確認する事はできない。相手プレイヤーが墓地のカードを対象にした魔法・罠・モンスター効果を発動させた場合、相手プレイヤーは対象のカードを宣言する。そのカードが墓地に存在しない場合、発動したカードの効果を無効にする。(カードの確認はこのカードのコントローラーが行う)

はたして実用性はあるのか。除外カードまで確認できなくするなら面白いけど。でも墓地のカードの確認を封じるには斬新。え?前にもあったって?誰も覚えてないだろしかも自分の墓地の確認を封じるだし。

過ぎ去った日々に未練などあるまい。吹雪さんを見つめるダークネス。何かに取り込まれそうな勢いがそこにはあった。気を取り直すようにカードを1枚伏せ吹雪さんのターンは終了。

ダークネスのターン。クリアー・レイジゴーレム召喚。クリーンクルーティー。しかし吹雪さんはダメージ軽減の罠を発動。

オフェンシブ・ガード
通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。その攻撃が直接攻撃だった場合ダメージ計算時のみそのモンスターの攻撃力を半分にし、デッキからカードを1枚ドローする。

なかなかのカード。でも強欲な瓶使えと。直接半分なんて普通使わないって。しかしクリアー・レイジゴーレムの効果発動。

クリアー・レイジゴーレム
闇・星4?・岩石族・ATK1600・DEF1100?
このカードが表側表示で存在する場合、闇属性として扱わない。このカードが直接攻撃に成功し相手プレイヤーにダメージを与えた時、相手の手札1枚につき300ポイントダメージを与える。

直接攻撃限定だがまあまあの効果。これにより1500のダメージ。そして無駄なあがきはよせとダークネスの世界へ勧誘する。しかし吹雪さんは屈しない。ダークネスは気に入らないねと言葉を吐き捨て1枚伏せてターンエンド。

吹雪さんのターン。ここで思い出のブランコ発動。まさかの二期の複線回収。なんかテンションあがってきたよ。しかしダークネスの力によって記憶を奪われ、カードの宣言ができない。宣言できなければ効果は無効になってしまう。

汚い真似を。しかしそれを言いがかりダークネスは言う。かつてダークネスを憎むあまり、ダークネスの時使用していたそのデッキも憎んでいた。それが記憶を消したという。まあしばらくの間ダークネスと一緒に封印していたことからもそのことがわかりますね。

そこから読み取れる事は吹雪さんの本質はダークネス。忌み嫌ってもそのデッキを使っているのは未練があるから。そのことを認めともにダークネスの世界へ行こう。ダークネスは吹雪さんを誘う。

行っちゃダメだ。ここで真の主人公十代とヨハンの御到着。ヨハンが言うには元々カードに闇の力なんて宿っちゃいないという。まあ特別な力が後から入ってくるっていうのが今までの流れでしたからね。カードを黒く染めるのは決闘者の心。しかしダークネスから復帰した吹雪さんはその力を正義の心で使っていた。お前らとは違う。

二人の言葉にダークネスは怒りと憐みこめて言う。お前らを後回しにしたのはダークネスと一体化できない哀れな人間だからだ。影響は受けるけど一体化は無理なんだ。てっきりあの手この手を使って引きずり込むのかと思ってた。最後の時を待つがいいって殺す宣言までしてるし。

しかし吹雪さんはお前らに彼らの相手をさせるつもりはないと立ち上がる。思い出のブランコは明日香が好きなカード。明日香との絆のカード。そして呼び出すモンスターはライバル達との絆のカード。戦いが生む絆。真紅眼の黒竜墓地から特殊召喚。太陽をバックにかっこいい。ダークメガフレア。その炎はクリアー・レイジゴーレムを破壊し、ダークネスのマスクも破壊する。

1枚カードを伏せて思い出のブランコの効果で真紅眼の黒竜は墓地に。だが最高のパートナーをただ一撃のために呼んだわけではない。ともに戦ってきたデッキ、カード、ライバル。僕は忘れない。大切な仲間としてカードは僕の気持ちに応えてくれる。墓地のレッドアイズ・ワイバーンの効果発動。

真紅眼の飛竜
風・星4・ドラゴン・ATK1800・DEF1600
このターン通常召喚を行ってない場合、自分のターンのエンドフェイズ時に墓地に存在するこのカードをゲームから除外する。自分の墓地の「真紅眼の黒竜」1体を特殊召喚する。

強いな。単体起用もしやすいし。真紅眼の飛竜が懸け橋となり真紅眼の黒竜復活。

ダークネスは茶番はやめだと言いだす。お前オレが誰だか気づいてるんだろ。その問いに当然の如く答える吹雪さん。放たれたその名は藤原悠介。オネストの元の所持者。それと同時に日食が起き始める。これが意味するものは。まさかの人員整理と吹雪さん主人公で次週も期待。
スポンサーサイト

<< TURN-173 デュエルまとめ | ホーム | もう一か月もたつのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。