プロフィール

カーくん

Author:カーくん
性別:男
年齢:22歳
職業:大学生
趣味:カードゲーム
(遊戯王、VISION)
お絵描き
後一応リンクフリー
する人身内以外にいるのか…?
言ってくれれば相互リンクしますよー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

twitter

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TURN-170 斎王再び!「絶対運命決定力」発動!!

遊戯王GX感想。
なぜかいろんな意味で予想の斜め垂直上を行ってくれるよな。

オブ増殖、十代増殖。みんな増え過ぎ。さすがに十代まで増えるのは予想外だった。しかも覇王ボイスで。まあユベルの前には洗脳なんて通用しないですけどね。というわけで鏡映しの増殖十代が決闘を申し込む。右腕デュエルディスクとかなにか斬新だ。

そこにさっそうと現れる車。そして十代を引き込み荷台のバイクで脱出。そして車爆破・・・っておい!相手はミスターTとはいえ、爆弾を仕掛けるな。というかどっから仕入れてきた。まあミスターTだから無事ですが。

ミスターTもユベルの事はご存じのようで。意思と明確に言ってる以上ユベルにも自我があるのかな?本編に出てないだけで。アリスを不思議の国へと誘うのはトランプの兵隊ではない。ウサギが獲物を連れてくるまでしばし退場するとしよう。複数のミスターTが一つとなって消える。というか例えがうまいんだけど不思議の国のアリスが思い出せなくて逆にチンプンカンプンだ。

海馬コーポレーション前。十代を助けたのは異変を察知した斎王。ダークネスの進行が本格的に始まったことを肌で、そして言葉で感じる十代。斎王の頼みで念のためダークネスに汚染されたカードがないか確認するためデッキを渡す。確認を終えた後、説明を後回しにし敵の真の目的であるデュエルアカデミアに戻るため、一行はヘリポートへ。

一方デュエルアカデミア。校長とクロノス先生が十代の行動に心配してる一方、ダークネスによる決闘者狩りが続く。心に闇を宿すものに肉体は必要ない。名前も記憶も、その存在も無用の飾りにすぎない。世界に必要なただ一つのもの、それは大いなる意思ダークネス。この言葉が意味する事は一体。そしてその真の目的は・・・

十代と斎王がついた先。そこは屋上にある決闘場。ヘリは無い。この私と決闘をしてもらう。その言葉に戸惑う十代。そしてこの場を二人のうちどちらかが離れた瞬間爆弾が作動するとも。助かる方法は一つ。それは敗北しダークネスとなること。ユベルの目で見ても斎王がダークネスと化してるようには見えない。

運命を見通していた自分が今度は運命に翻弄されるとわな。自分で自分をあざける斎王。そしてその原因はミズチが捕まったことにあるという。唯一の肉親にして幼いころから苦楽を共にしてきた妹の存在。その存在の大きさはすでにこの状況が説明している。

決闘。十代の言葉は何を言っても通じない。それどころか斎王は意味深な事を言う。前の持論は運命は選ぶことはできるが変える事はできない。だが今は人は生まれながらにして選択不可能なある種業のようなものを背負っていると。さながら決闘が宣言されてからデッキの中身が交換できないのと同様に。斎王のターン。チャリオットを召喚。正位置の効果を得る。この回転も久しぶりだな。二枚伏せてターンエンド。

いずれ運命の選択すらできなくなる。そう宣言される十代。十代のターン。斎王はスタンバイフェイズに罠を発動

死神の巡遊
永続罠
相手ターンのスタンバイフェイズ時に1度、コイントスを一回行う。表の場合正位置の効果を、裏の場合逆位置の効果をこのカードは得る。
●正位置:相手はこのターン召喚・反転召喚・特殊召喚を行えない。
●逆位置:次の自分のターン召喚・反転召喚・特殊召喚を行えない。

強力なカード。ハイリスクハイリターンだけど。逆位置なら一応相手もそのターン中召喚できない。影響受けるのヒーロー見参くらいだけど。でたのは逆位置。だが斎王はまだ運命は決してないという。その理由はもう一枚の罠カードがすでに発動していたこと。

絶対運命決定力
通常罠
モンスターカード名を1つ宣言する。相手デッキにそのモンスターカードがある場合、そのモンスター1体を相手フィールド上に攻撃表示で特殊召喚する。

相手のデッキ構成がわかれば有効なカードではあるけど。しかし斎王は直前にデッキを確認していた。つまりデッキは把握している。しかし宣言されたのはアルカナフォース0-THE FOOL。そうデッキ確認の時に仕組まれていたのだ。デジャブとか言わない。HAGAとか言わない。ちなみに十代の確認できるカード。

決闘中
H-ヒートハート(?)
ヒーロー・シグナル
フェイク・ヒーロー
ハネクリボー
異次元トンネル-ミラーゲート-
ネオス・フォース
N・グラン・モール
N・グロー・モス
E・HERO フェザーマン
E・HERO バーストレディ

回想中
N・アクア・ドルフィン
N・グロー・モス(?)
ヒーロー・シグナル(?)
新カード(たぶん十代の手札にあるのと同じ?)
カードガンナー
魔天楼-スカイスクレイパー
ダンディライオン
E-エマージェンシーコール
E・HERO バブルマン
E・HERO クレイマン

なぜかグロー・モスがアニメテキストな件。十代の当たり前の反応に姑息にもなろう、愚劣にもなろうとさらりと言ってのける斎王。カイザーとダブるのはたぶん気のせい。そして召喚されるフール。愚者というだけあって元々の効果に相手に正位置、逆位置を決め指す効果がある。もちろん自分で使う分にはおろかではあるが今は相手のカード。自分に有効な一手となる。これにより死神の巡遊が」正位置に。召喚できない十代。

手札:E・HERO スパークマン、新カード、融合、ネオスペーシア・ウェーブ、クリボーを呼ぶ笛、ヒーロー見参

たしかにヒーロー見参を使えば相手ターンに召喚可能。しかし、チャリオットを倒せる力を持つモンスターはいない。一枚伏せてターンエンド。

斎王のターン。エンムプレスを召喚。当然正位置。そして二体の攻撃で3000ダメージ。エンプレスブレッシング、フィーラーキャノン。しかしフールは戦闘で破壊されないため場に残る。ターンエンド。

愚かな抵抗をする、かつて愚者にあてられた者十代。十代のターン。しかし死神の巡遊は再び正位置を指す。フールが離れれば、死神の巡遊は再び元の二分の一の確立に戻る。ネオスペーシア・ウェーブの効果で全ての自分のモンスターを墓地に置こうとするがフールの正位置の効果。コントローラーのカード効果を受けない。ちなみに逆位置なら相手のカード効果を受けない。守備表示に変更しようとするも永続的に攻撃表示を取る効果も持つ。まさに絶体絶命。

オレのヒーロー達。そうまだ十代のデッキにはヒーロー達がいる。その絆にかけて今は一枚伏せてターンエンド。しかしその絆という言葉が斎王を震わせる。十代もその意味に気づく。そして問う。もし自分が原因なら自分にも何かできないのかと。まあ当たり前の反応ですね。

しかし斎王は何の責任もないとその言葉を返す。そして語る。力を失い、それをよしとしていた自分にこそ責任があると。力を失えば普通の人間として過ごせる。しかし力があればミズチにせまる危険が察知できたはず。一度何かを失った人間は後はひたすら失うだけ。

いい加減にしろ斎王。十代が口を開く。お前は心にできた空白をダークネスに利用されているんだ。忘れるな。ダークネスの解明の依頼をしたのは他ならぬお前だと。十代ほんとに成長したな。他人の心の痛みを見抜き、それに真っ向から干渉する。たぶん今でも相手の事を見守る事はするんだけど、それだけじゃダメな事は多々あること。覚悟こそが力とはまさにこのことだな。どこまでわかってやってるかはわからないけど。

ミイラ取りがミイラになった。自分を自嘲する斎王。斎王のターン。しかし攻撃は攻撃の無力化で防がれる。しかしその程度では運命の流れをせき止める壁とはなりえないと斎王は言う。しかし十代は言う。運命は生まれながらにして変えられないものがあるかもしれない。だが四十枚の組み合わせに無数に戦略があるように、限られた選択肢の中から自分に最もふさわしい生き方を選ぶことはできるはずだ。

やっぱりオレは遊戯王が好きだな。オレがデッキに対して一番してる事は事故の投影。デッキはとは経験の積み重ねでできているもの。なにが必要で何ができるか。それはさながら人が過去を積み重ね、今を生きる事と同じ。そしてデッキに選んだカードは今最も自分が望む事。夢を詰め込んだ戦略、勝つための戦略、守る戦略、攻める戦略。その中から自分の性格に合う、自分に最も必要なものを選び取りデッキとする。それはさながら未来に進む為に決断を下すことと同じ。

デッキがある限り決闘は捨てない。十代はいつもの言葉を言う。しかし斎王はその選択肢が削られたらと疑問を投げかける。永続魔法愚者の種蒔き発動。

愚者の種蒔き
永続魔法
自分フィールド上の「アルカナフォース」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。そのモンスターの攻撃力300ポイントにつき1枚デッキの上からカードを墓地に送る。この効果でデッキからカードを墓地に送るプレイヤーをコイントスによって決めるこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
●表:このカードのコントローラー。
●裏:相手プレイヤー

毎ターン削れるのは強いけど、デッキ破壊とアルカナフォースがあうかは疑問。チャリオットを選択。5枚墓地へ。

墓地:E・HERO フェザーマン、E・HERO バブルマン、E・HERO ネオス、N・フレア・スカラベ、フェイク・ヒーロー

絶体絶命のコンボ。来週は新たなアルカナ、ザ・ダーク・ルーラーとマグマ・ネオスの対決。このタイミングでトリプルコンタクト融合という事はこの先新たな力を手に入れるフラグ?さてどうなる次週。エドとかでないのかな。


スポンサーサイト

<< TURN-170 デュエルまとめ | ホーム | たぶん気合いの問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。